西野監督はスイス戦での攻撃の迫力不足を嘆いた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[国際親善試合]日本0-2スイス/6月8日/ルガーノ(スイス)

 6月8日、国際親善試合の日本代表対スイス代表がスイス・ルガーノのスタディオ・コルナレドで行なわれ、日本が0-2の敗北を喫した。

 前半、4-2-3-1の布陣でスタートした日本は、堅固な守備ブロックを築いて相手の攻撃を耐え凌いでいた。しかし徐々に守備の綻びが見えた42分、左サイドを突破したエムボロを吉田麻也がペナルティエリア内で倒し、PKを献上。これをR・ロドリゲスに決められ、日本は先制を許した。

 さらに1点ビハインドで迎えた後半、日本は82分に追加点を与えてしまう。CKを撥ね返されてカウンターを食らい、自陣深くまで攻め込まれると、最後は折り返しのボールに合わせたセフェロビッチにシュートを叩き込まれた。
 
 ゲームはそのまま0-2でタイムアップ。試合後、日本代表の西野朗監督は悔しさを露わにした。
「得点が取れなかったので。形は作れていますけど、やはり最後の迫力が(足りない)。(アタッキング)サードまでは侵入できていると思いますけど、スイスもセンターは非常に強いので、何か変化がないと崩れない気がしました」

 指揮官は迫力不足の攻撃に唇を噛んだ。しかし、守備に関しては手応えがあったと話す。

「(攻守の切り替えは)非常に良かったと思います。攻撃から守備に変わる(時の)、少しハイプレスをかけながらボールを奪うところは、狙い通りの守備で良かったです。ビルドアップも良かったから、最後はガーナ戦と同じように決定力、そこに尽きます」

 守備が良かったとはいえ2失点を喫し、攻撃でもリズムを生み出せなかった日本。12日のパラグアイとのテストマッチは、西野監督が「バックアップの選手の充実も大事なので、パラグアイ戦は今日のバックアッパーを起用すると思います」と宣言するが、どのような戦いを見せてくれるのだろうか。

【日本代表PHOTO】スイス2-0日本|得点奪えず西野ジャパンが2失点の完敗