日本は良いところなくスイスに0対2で敗れた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 国際親善試合の日本代表対スイス代表が現地時間の6月8日、スイス・ルガーノのスタディオ・コルナレドで行なわれ、日本は0対2で敗れた。

 日本は西野朗監督がワールドカップ初戦のコロンビア戦を想定して戦うと明言。初戦への試金石となる日本のスタメンは、GKに川島永嗣を起用、DFは4バックを採用し、右から酒井高徳、吉田麻也、槙野智章、長友佑都という顔ぶれ。中盤は大島僚太と長谷部誠のダブルボランチで、2列目は右に原口元気、トップ下に本田圭佑、左サイドに宇佐美を起用。1トップには大迫勇也が入った。

 日本は立ち上がり、スイスのアグレッシブな守備と長短織り交ぜたパスワークに押され、やや後手に回る場面が目立ったものの、ゴール前ではしっかりと身体を張って決定機までは作らせない。逆にテンポの良いつなぎでゴール前に迫るシーンも作り出した。

 27分、日本はスイスにサイドチェンジを許し、ロドリゲスのクロスからガブラノビッチにヘディングシュートを放たれるが、これは枠を捉え切れず。しかし、ここからスイスが縦への圧力を強め、日本ゴールに迫る場面を増やしていく。ただし、日本もきっちりとブロックを構築した守備で得点は許さない。

 日本は30分以降、単発的な攻撃に終始。ビルドアップからの崩しが機能しない。一方、スイスは36分、後方からのフィードのこぼれ球をエムボロが至近距離からヘディングシュート。だがこれは左ポストを直撃し、日本は難を逃れた。

 日本は40分、大迫が腰を痛め、途中リタイアするアクシデント。代わって日本は武藤嘉紀を投入した。すると、武藤が代わって投入された直後、日本は左サイドからエムボロの突破を許し、吉田と酒井高が挟む形で倒してしまい、PKを献上。これをロドリゲスに決められ、日本はついに先制を許してしまった。

 日本はスイスに1点のリードを許して前半を終了した。

 日本は後半、メンバー交代をせずスタートするが、前半同様に攻撃が機能せず、アタッキングサードへ効果的に進入するような場面は見られない。56分には宇佐美に代えて乾貴士、酒井高に代えて酒井宏樹を投入。70分には大島に代えて柴崎岳を投入して状況の打開を図る。

 日本は73分、川島のスローイングミスからシャキリに決定的なシュートを放たれるが、わずかに枠を外れ事なきを得る。しかし、日本は攻撃のリズムをまったく生み出せず、閉塞感は否めない。トップ下の本田にボールは集まるものの、効果的な攻撃には繋がらない。
 
 日本は76分、存在感を発揮できない本田に代えて香川真司を投入するが、状況は変わらず。逆に82分、日本はCKからのカウンターを食らい、自陣に押し込まれると、最後はセフェロビッチに押し込まれ追加点を許してしまう。スイスが2対0とリードを広げる。

 その後も日本はいいところなく、試合は2対0でタイムアップ。日本は、ガーナ戦に続き、得点を奪えず、西野ジャパンとなってから許していなかった流れのなかでの失点も喫した。ベースとしてきた4バックに回帰しても状況は好転せず、日本は12日にパラグアイとのテストマッチに臨む。

【日本代表PHOTO】スイス2-0日本|得点奪えず西野ジャパンが2失点の完敗