「#アートコスプレ・フェス 2018」徳島・大塚国際美術館で、ゴッホがテーマの衣装で名画の主人公に

写真拡大

徳島県鳴門市の大塚国際美術館では、「#アートコスプレ・フェス 2018 feat. ゴッホ」を2018年7月18日(水)から10月28日(日)まで開催する。

2017年にも開催された「#アートコスプレ・フェス」は、ただ鑑賞するだけではなく、名画の登場人物の衣装を着用し、絵画の主人公気分でアートを楽しむ体験イベントだ。

今回は、ゴッホをメインテーマにイベントを展開。大塚国際美術館では、2018年3月にゴッホが描いた花瓶の「ヒマワリ」全7点を陶板で原寸大に再現した作品を並べた展示室を新設。コスプレとともに、ゴッホの世界観を存分に味わうことができる。

衣装は大塚国際美術館開館20周年にちなんだ新作20着を含め、ゴッホの作品や彼が影響を受けた作品をイメージした全37着を用意。着脱しやすいように、着衣の上から着られるように作られている。衣装の他、帽子や日傘などの小物、ユニークな壁紙も用意。作品の主人公になりきって記念撮影を楽しめる。

その他、会場では、5か所を巡ると「ヒマワリ」が完成するスタンプラリーや、ギャラリートークツアーを実施。今春オープンした地下3階の「カフェ フィンセント(Café Vincent)」ではゴッホをテーマにしたランチやデザートを楽しむことができ、店内には名画「アルルのゴッホの部屋」をリアルに再現したフォトスポットで、まるで絵画の世界に入り込んだ気分で記念撮影もできる。

【開催概要】
#アートコスプレ・フェス 2018 feat. ゴッホ@大塚国際美術館
開催期間:2018年7月18日(水)〜10月28日(日) ※休館日除く、8月無休
開催時間:9:30〜17:00(入館券の販売は16:00まで) ※8月11日(土祝)〜19日(日)は9:00〜17:00
会場:大塚国際美術館(館内全9カ所)
住所:徳島県鳴門市鳴門町 鳴門公園内
TEL:088-687-3737
参加費:無料 ※入館料が必要。一般3,240円、大学生2,160円、小中高生540円
※衣装は子ども用と大人用を用意。


[写真付きで読む]「#アートコスプレ・フェス 2018」徳島・大塚国際美術館で、ゴッホがテーマの衣装で名画の主人公に

外部サイト

  • 「ますむらひろしの北斎展」漫画『アタゴオル』×「冨嶽三十六景」がコラボ、すみだ北斎美術館で
  • 「小瀬村真美:幻画〜像の表皮」展が原美術館で、絵画のようなアニメーションなど30点
  • 特別展「初公開 田中一村の絵画」岡田美術館で - 亜熱帯の生き物を描いた日本画、伊藤若冲の作品も