梅雨前線とセットになって、台風5号が10日(2018年6月)日曜から11日にかけて関東を中心に大雨をもたしそうだ。気象予報士の天達武史は「本州の南海上を通過し、上陸する可能性は低いですが、最悪のコンビとなります」と注意を呼びかけた。

2012年6月には1時間80ミリ以上

2012年6月には、台風4号が梅雨前線を刺激して、神奈川県丹沢や箱根で1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降った。「とにかく長雨になります。東日本の太平洋側、とくに関東は10日昼ごろから雨足が強まり、11日いっぱいは続きます」(天達)