東京競馬場でのGI5週連続開催が終了。今週は、これまでの喧騒とは少し違った落ち着いた雰囲気のなか、GIIIエプソムC(6月10日/東京・芝1800m)が行なわれる。

 GI戦に比べると出走メンバーのレベルが落ちて、混戦模様となるイメージが強いが、過去の傾向を見ていると、大きく荒れることは少なく、意外と堅い決着で収まっていることが多いレースだ。

 ここ10年の勝ち馬を見ても、すべて5番人気以上。アッと驚くような人気薄の馬が大金星を挙げたことはない。また、馬券圏内の3着以内においても、ふた桁人気で飛び込んできたのは、2008年に12番人気で3着となったグラスボンバーと、2012年に15番人気で3着に入ったマイネルスターリーの2頭だけ。比較的、大波乱が起こりづらいレースと言える。

 とはいえ、その2008年と2012年は3連単の配当が10万円超え。絶対に荒れない、ということではない。ならば、GI5週での負けを取り戻すためにも大きく勝負すべきだろう。

 そこで、過去10年の穴馬を参考にして、今年のレースで一発が期待できそうな伏兵馬を探し出してみたい。

 まず、先に触れたグラスボンバーとマイネルスターリーには共通点がある。重賞実績がありながら、近走の不振で人気が低迷していたことだ。

 グラスボンバーは、3年前(2005年)のGIII福島記念(福島・芝2000m)で初の重賞制覇。翌2006年のエプソムCでも2着に入るなど、重賞レースで何度も好走していた。しかし、2006年の夏から2007年の秋まで、およそ15カ月の長期休養を強いられた。その結果、戦列復帰後も復調に手間取って、直前のGIII新潟大賞典(新潟・芝2000m)でも10着と惨敗。人気はまったくなかった。

 マイネルスターリーも、2年前(2010年)にGIII函館記念(函館・芝2000m)を勝利。翌2011年にもオープン特別を勝っていたが、その後は低迷の一途をたどっていた。ふた桁着順が続くなど、完全に精彩を欠いていて、とても人気を得られるような気配になかった。

 ところが、この2頭はエプソムCで久しぶりに奮起。波乱の立役者となった。

 こうした、もともと力のある馬が不振に陥って、エプソンCで突然激走するパターンは、他の年にも何度か見られている。たとえば、重賞は未勝利ながら、2、3着の好走実績が多数あるキャプテンベガが、不振続きで人気を落とした2010年に9番人気で3着と善戦している。さらに、重賞を2勝していて、GI戦線でも活躍していたダークシャドウも、長く低迷していた2014年に8番人気で3着に入っている。

 今年のメンバーを見渡してみると、近走は振るわないものの、例に挙げた過去の穴馬と同様の結果が見込めそうな馬が何頭もいる。なかでも、重賞勝ちがあって、一発の可能性を秘めているのは、アデイインザライフ(牡7歳)とブラックスピネル(牡5歳)だ。


エプソムCに臨むアデイインザライフ

 どちらも甲乙つけ難い存在だが、過去の激走馬は皆、7、8歳の高齢馬ばかり。ゆえにここでは、アデイインザライフを推したい。

 同馬は、2年前にGIII新潟記念(新潟・芝2000m)で重賞初勝利を飾ったが、その直後に戦線離脱。長期休養を余儀なくされて、復帰したのは今年の1月だった。

 そして、復帰戦となったオープン特別を7着に負けると、前走のGIIIダービー卿チャレンジトロフィー(3月31日/中山・芝1600m)も10着と大敗を喫した。もはや評価はガタ落ちといった状況にあるが、実力があることは間違いない。叩き3走目の今回、過去の穴馬と同じく、低迷が続くなかでの思わぬ大駆けがあってもおかしくない。

 続いて、2011年に6番人気で2着に入ったエーブチェアマンを参考にしたい。同馬は、1000万下、1600万下と連勝してこのレースに参戦。”重賞の壁”が懸念されて6番人気にとどまったが、直近で見せた勢いどおりに2着と好走し、中波乱を演出した。

 今年も、同じように条件クラスを連勝して挑む馬が2頭いる。グリュイエール(牡6歳)とサーブルオール(牡5歳)である。ともに面白い存在ではあるが、馬券的な妙味を考えると、食指が動くのはグリュイエールだ。

 1600万下を連勝してこの舞台に挑む同馬だが、2走前の勝利は2016年3月のこと。つまり、前走(4月21日)の勝利は、そこから2年以上の長期休養明けで果たした快挙だったのである。

 これほどの長い休みを経たあと、いきなり白星を挙げられるのは、能力が高い証拠。他にオープンクラスで活躍している面々がいるため、今回は上位人気を争うまでには至らないだろうが、エーブチェアマン同様、連勝の勢いに乗って上位入線を果たす可能性は大いにある。

 参考例として最後に取り上げたいのは、2013年に7番人気で3着となったサンレイレーザー。同馬は前年に条件クラスを卒業し、年が明けてからはオープン戦で3着、2着と奮闘し、前走のGIIマイラーズC(京都・芝1600m)でも8番人気で2着と好走していた。

 しかしながら、エプソムCでは人気が上がらなかった。すべてがかみ合ったマイラーズCの結果がフロック視されて、「重賞では一枚足りない」と見られてしまったからだろう。

 今回、このパターンと似た雰囲気を感じる馬がいる。エアアンセム(牡7歳)だ。

 こちらは、2走前に1600万下を勝ってオープン入り。そして、前走ではオープン特別の都大路S(5月12日/京都・芝1800m)で6番人気ながら2着となった。昇級戦でもいきなり上位進出を決めたのだ。

 だが、今回は重賞。メンバーレベルも一気に上がる。サンレイレーザーと同じような評価をされて、人気が上がることはなさそうだ。それでも、オープン戦で好走していれば、重賞でも善戦できることは過去の歴史が証明している。エアアンセムの大駆けに賭けてみるのも、悪くないのではないだろうか。 白熱のGIシリーズはひと段落したものの、秋の大一番に向けて、見応えのあるレースはまだまだ続く。ということは、”稼げる”チャンスも継続されるということだ。今回のエプソムCにおいても、ここに挙げた3頭が、GI戦で涙を飲んだ分を取り戻してくれるかもしれない。

◆大魔神が夢を託すヴィルシーナの初子ブラヴァスは「べらぼうにいい」>>

◆気鋭の種牡馬×名牝シーザリオ。サートゥルナーリアは、すごい評判!>>