秋葉原無差別殺傷事件から10年 現場近くに住む僧侶「忘れないで」

ざっくり言うと

  • 東京・秋葉原で17人が死傷した無差別殺傷事件から、8日で10年が経つ
  • 現場近くに住む僧侶は、花などを整えて犠牲者の供養を続けている
  • 「尊い命が奪われたことを忘れないでくれということをうたっている」と話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x