大島はチームとしての共通理解が何より大事だという。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 西野朗監督から攻撃のキーマンに指定された大島僚太が、静かに燃えている。現地6日の非公開練習後、8日に行なわれるスイスとのテストマッチに向けた意気込みを聞かれ、次のように述べた。
 
「取りどころをチームとしてハッキリさせたほうがいいと思いますし、スイスの切り替えの早さは頭に入っているので、奪った後の切り替えはいつも以上にみんなが顔を出すこと。自分自身がしっかりそこで見つけておくことが大事ですね」
 
 スイスはFIFAランク6位の格上で、日本の劣勢が予想される。そうした展開を打開するための手段に、大島は"ボールを奪いに行くタイミングの意思統一"と"奪った後のスムーズなビルドアップ"を挙げた。これらふたつのポイントを機能させるためには、チームとしての共通理解が不可欠だ。大島はそのためにも、コミュニケーションが極めて重要だと力を込めた。
 
「分からないでやってしまうと、自分自身の特長を理解してもらいにくい部分もある。伝えることもそうですし、聞くことも大事かなと思いました。プライベートの話は一切、したいとは思わないですけど、サッカーにおいてのコミュニケーションはやっぱり、積極的に取らないといけないと思っています」
 
 ハリルホジッチ前監督には「ピッチで大人しい選手」の代表格として扱われていたが、今では周りに気を使うこともなく、「いろいろ言ったり、言われたりはありますし、要求し合えるようになれている」のだという。
 
 スイス戦では4-2-3-1の採用が濃厚で、前述のとおり「取りどころ」を決めた守備と「奪った後の切り替え」が重要なテーマだ。ボランチとしてその中心を担う大島が、誰よりも大きな声で周りの選手を使う。そんな姿を見せてくれるかもしれない。