自分の体臭に気づいているか?


 じめじめとした暑い季節の到来。汗ばむこの時期に気になるのが体臭だ。

 近年の清潔志向の高まりで、“におい”に対して敏感に反応する人が急増している。「隣の人が臭くて集中できない」「上司の体臭が耐えられない」「香水がきつくて気持ちが悪くなる」というように、職場でにおいのトラブルを訴える人が少なくない。「セクハラ」「パワハラ」「モラハラ」に加え、においによる嫌がらせ「スメルハラスメント」という言葉も定着してきた昨今、企業も対策を迫られている。

 25〜49歳の働く男女約1000名を対象に2017年に行われた調査*1によると、職場における『周囲の身だしなみで最もどうにかして欲しいこと』を聞いたところ、1位「ニオイ(体臭)」67.1%、2位「ニオイ(口臭)」60.2%。自分のにおいも含め、においが気になって仕事ができないという人が56.2%と半数以上を占めた。

 さらに、におい(体臭)は相手の評価にどのような影響を与えるかを聞いたところ、相手の立場に関わらず、1位「一緒に仕事をしたくないと思う」、2位「周囲への気遣いや配慮が足りないと思う」という結果が出た。4割の人が「職場にスメルハラスメントがある」と回答し、6割が「問題である」と認識している。

 職場において、におい(体臭)は対人関係のトラブルを引き起こすだけでなく、集中力を低下させ、仕事にも支障をきたしているということが浮き彫りとなった。

 そこで、におい研究・体臭治療の権威である、五味クリニック院長、五味常明(ごみ・つねあき)医師に、職場における「スメハラ」の現状とビジネスに与える影響について聞いた。

*1:
https://www.mandom.co.jp/release/2017/src/2017052501.pdf
https://www.mandom.co.jp/release/2017/src/2017053101.pdf

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

においに対する過剰な反応

 現代人の清潔志向の高まりやにおいに敏感になったことは、日本人の社会生活や環境の変化に起因している。

 昔はゴミのにおい、トイレのにおい、下水のにおい、食卓のにおい、家の中でも外でもありとあらゆるにおいが溢れていた。祖父母と同居も当たり前、小さな家で大家族が暮らしている家庭も珍しくなく、おじいちゃんのにおいもお父さんのにおいも、生活臭として普通に受け入れていた。

 高度成長期を経てインフラが整い、街の悪臭がなくなり、家族形態も大きく変化したことで、他人のにおいが気になる、受け入れたくないという考え方が定着してきた。

「他人のにおいに過剰に反応するようになったのは、個人主義で人と人との距離が遠くなり、つながりが希薄化した結果です。要は昔に比べて、人間関係が良好ではなくなったということなのです」(五味氏)

嗅覚は第一印象に大きく影響

 良好な人間関係を構築することは、生活する上でも仕事をする上でも、とても重要だ。特に、新規の取引先や顧客に好印象を与えることは、ビジネスの成功にもつながる。においは見た目と同様、その人の第一印象に大きなインパクトを与える。

 心理学では「相手の第一印象は3秒で決まる」と言われる。通常、最初に受ける印象は、服装や清潔感、表情、話し方、声のトーンなど、視覚や聴覚で得られる要素が大きいと思われがちだが、嗅覚も大いに影響する。

 同調査*1によると、「においが気になった時、相手の印象は何点マイナスになりますか」の回答に対して、-54点と評価が半減するという結果が出た。どんなに洋服や髪型をびしっと決めても、「クサイ人」という残念な印象が残るのだ。

 人間には「視覚」「聴覚」「嗅覚」「触覚」「味覚」の5つの感覚機能があり、映像や音、味など、「視覚」「聴覚」「触覚」「味覚」の4つの感覚は、脳の中でさまざまな情報を統括する視床という場所で識別され、大脳皮質に送られる。大脳皮質には、その人の生まれ育った環境やさまざまな体験、文化などの情報が詰まっていて、過去の経験や記憶などから感情が生まれる。

 一方、鼻から入ってきたにおいは、鼻の上にある「嗅球」を通って、記憶や感情をコントロールしている「大脳辺縁系」に入る。五感の中で「嗅覚」だけが「快・不快」「好き・嫌い」の感覚にダイレクトに結びつき、反応を生み出すのである。「いいにおい」ならうっとりしたりリラックスした気分に、反対に嫌なにおいならストレスを感じてイライラする。さまざまな情報を統合する視床下部が、身体機能に指令を出すことによって自律神経が働き、「好き・嫌い」の感情が生まれるのである。

 強烈な体臭で初めて会った人を不快にさせることにより、話をする前から相手にマイナスイメージを抱かせることは言うまでもないが、ビジネスへの影響は取引先や顧客だけでない。先ほどの調査結果でも、4割以上の人はにおい(体臭)がある人とは一緒に仕事をしたくないという結果が出ており、周りへの気遣いや配慮に欠ける、尊敬できない、信頼されないなど、不快なにおいは取引先への信頼を失うだけでなく、部下を持つマネージャーやリーダーであれば、求心力も低下させる。

 自分は臭わない、においなんてまったく気にしないと思っている人でも、大きなビジネスチャンスを逃していたり、自分のにおいが部下や周囲の人の集中力を奪い、仕事の生産性を下げている可能性もある。また、仕事だけではなく、交友関係でも「ニオイ(体臭)が原因で人と疎遠になったことがある」と回答した人が25.2%と、4人に1人*2。においによって、大切な友人を失っているかもしれない。

 逆にいえば、においが改善されたことにより、意識が大きく変化するともいえる。会話も増え、距離感も縮まり、笑顔が多くなるという調査結果が出ている。

「におい対策をしっかり行うことで、人生が大きく変わるといっても過言ではありません」(五味氏)

*2:http://m-age.jp/smell/detail/5-02.html

「加齢臭」は若い世代や女性にも

 中高年特有の体臭「加齢臭」は、1999年、資生堂が、加齢にともなって発生するにおいの原因物質「ノネナール」を発見したことで命名された。

 人の体には皮膚のうるおいを保つための皮脂腺があり、年齢を重ねると、この皮脂腺の中のパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増加、それと同時に過酸化脂質(コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化した脂質)も増え始める。この2つが結びついて、分解・酸化されてできたのが加齢臭の元となるノネナール。男女問わず40歳あたりから増えてくる。特に、皮脂量が多くなる暑い季節に分泌量が増える。また、若い世代でも、日頃から強いストレスを感じていると活性酸素が体内で蓄積され、加齢臭を発生させることも分かってきた。

「ノネナールは、一般的にはロウソクや図書館の古い本、青臭いチーズのにおいと言われて、それ自体が苦手と言う人はいないと思います。汗も脂肪酸も分解されなければ、悪臭にはなりません。実際には他のにおいも加わり、もっと複雑に絡み合っています。潔癖志向の今になって、年をとれば誰でも出てくるこのにおいが気になりだしたのは、マスコミで取り上げられたこともあるかもしれませんが、気にしすぎるのも考えものです」(五味氏)

40代がピーク「ミドル脂臭」の正体

 最近、よく耳にする「ミドル脂臭」は、2013年にマンダムがミドル男性に多く見られるにおいの原因成分として「ジアセチル」を発見し名付けたのが始まり。「ジアセチル」は後頭部・頭頂部・うなじを中心に発生し、脂っぽい汗、使い古した油のようなツンとしたにおいが特徴。個人差はあるが、頭部臭にジアセチルの臭気が加わると、女性の不快度が増加したという調査結果*3もある。

 ミドル脂臭は30代から増え始め、40歳代がピーク。加齢臭のにおい成分、ノネナールが脂から出るにおいであるのに対して、ジアセチルは汗から出るにおい。筋肉が疲れたときに出る乳酸と汗を、皮膚の常在菌が分解してできたもので、俗にいう「疲労臭」だ。働き盛りの30代で、睡眠不足や慢性的な疲労や緊張したときに出る冷や汗がにおいの原因となる。若い世代、疲れている人は要注意だ。

*3:http://m-age.jp/smell/research/original/03.html

スメハラは何が一番問題なのか

 スメルハラスメントといっても、2つのケースがある。

 1つは、ワキガのようなきついにおいがあるにも関わらず、本人がそのにおいに慣れてしまい、自覚症状がなくなるケース。家族がいれば指摘されて対策もできるが、誰からも指摘されず、気付かないまま人に迷惑をかけて当事者になっていることもある。

 2つ目は自分のにおいを自覚して、人に不快な思いをさせていないか常に気になっているケース。気にしすぎて仕事に集中できなかったり、自信をなくす、深刻な場合は、においがきっかけでいじめにあい、学校や会社を辞めてひきこもってしまうこともある。これを「自臭症」という。

「一番問題となっているのは、1つ目のにおいが強くて自分では気づかないケースです。特にワキガの場合は、治療をすればほぼ完治します。家族や上司、同僚が本人に伝えて専門の医療機関を受診させ、治療を行うことで100%解決できます」(五味氏)

 ただ、自分のニオイには気づきにくく、どう対策したらよいのか分からない。また上司や同僚がにおっていても、なかなか口に出して言いづらい。

 マンダムではスメルマネジメント活動として、企業向けに「においケアセミナー」を無料で行っている。約1時間のセミナーの中で、においをケアする必要性、においのメカニズム、デオドラント剤の効果的な使用法まで“男性のにおい(体臭)”に関する情報を中心に、分かりやすく解説してくれる。

 昨年、自分のにおいが測定できる、世界初の体臭チェッカー「Kunkun body」を発売したコニカミノルタが、東京と大阪で「ちょっと臭う?教室」を開催する。興味があればチェックしてみよう。

五味常明医師 プロフィール

 ワキガ・体臭・多汗治療などにおいと汗の研究・治療を20年以上前から手がけるにおい治療のパイオニア。一橋大学商学部卒業後、昭和大学医学部で形成外科を専攻後、多摩病院精神科等で自己臭の研究に従事する。患者の心の悩みや心理的状態を理解した上で外科と精神科の両方からケアをする「心療外科」を新しい医学分野として提唱し、患者の心に寄り添って治療を行っている。ワキガの治療では患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。1999年からはケアマネージャーとしてデイケア事業や高齢者介護の現場でのにおいの問題にも注力している。『なぜ一流の男は匂いまでマネジメントするのか』(かんき出版)など、著書多数。

筆者:稲垣 麻里子