「米朝首脳会談」の開催かどうかでニュースが駆け巡ったこの1か月。振り回されたのは関連国政府やメディアだけではない。韓国では、「北朝鮮関連株」に話題が集まり、株価が高騰している。

 2018年6月4日、韓国の証券市場で、鉄道、セメント、建設関連企業の株が一斉に上昇した。

 週末の6月1日(米国時間)、ワシントンでドナルド・トランプ米大統領が北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長と会い、12日に米朝首相会談を開催することを改めて確認した。

 このニュースを受けて、週明けの証券市場が反応したのだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

北朝鮮の動向が熱い話題。なぜ?

 「米朝首脳会談はどうなるのか?」

 2018年5月末の週末。筆者は知人の息子さんの結婚式に招かれた。昼食の席を囲んだ10人は、新郎新婦の話題もそっちのけで、「米朝会談」について熱心に語り合った。

 「北朝鮮の問題にこんなに関心があったかな?」

 確かにこの頃は、トランプ米大統領が、金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談を延期すると言ったり、文在寅(ムン・ジェイン=1953年生)韓国大統領が急遽、2度目の南北首相会談に応じたり、北朝鮮を巡る情勢はあわただしく動いていた。

 それでも、日頃、北朝鮮についてあまり関心がない知人たちだ。

 「えらく今日は熱く語るな」

 不思議に思って聞いていて、途中で、「なるほど!」と思った。

 このうち、何人かが「株式投資」に熱くなっていたのだ。

 「A社株を買ったら急騰した。喜んでいたら、トランプ米大統領が米朝首脳会談を見送ると発表して今度は急落した。やっぱり首脳会談開催かということだが、株価はどうなるのか?」

 「A社だって? 現代グループ銘柄は、もう遅いよ。手堅いのは鉄道株じゃないの?」

 その数日後、別の韓国人の知人たちと夕食を一緒した際にも、「株式投資」の話で盛り上がった。

 ある大学教授は、「どこに行ってもこんな話しばかりだ」とあきれたように話す。

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪への北朝鮮選手団の参加、北朝鮮高官の訪韓、南北首脳会談、そして米朝首脳会談で合意・・・。

 2018年に入って、北朝鮮を巡る動きは急展開を続けている。つい半年前まで、核とミサイルの挑発が続き、韓国内でも不安の声が多かった。

 それが一変して、「非核化協議」「終戦宣言」「南北交流再開」など、想像もできないペースで雪解けが進んでいる。

経済協力テーマ株

 「経済協力テーマ株」

 こういう事態の急変に最も敏感に反応するのが、証券市場であり、投資家だ。とにかく材料になれば、何でもくらいつく。

 大きな流れでは、北朝鮮問題や米国の金利上昇で先行きウォン安に進むという見方も根強く、外国人は「売り先行」の雰囲気だ。それでも、有望な「個別銘柄」を投資家は貪欲に探している。

 そんななかで、絶好の材料が「北朝鮮」だ。では、どんな株が注目を集めているのか?

現代ロテム株2.5倍に

 最大の注目株の1つが、現代ロテムだ。

 ロテム(Rotem)という言葉は、レイルローディングテクノロジー(Railroading Technorogy)から作られた。要は鉄道関連企業だ。鉄道車両や関連機器、システムを製造販売している。

 南北首相会談では、北朝鮮の鉄道整備で合意している。米朝首相会談で、何らかの前進があり、北朝鮮への経済支援が始まれば、真っ先に注目を集めるのが鉄道関連事業だというわけだ。

 現代ロテムは、韓国の鉄道公社などが主顧客である地味な会社だ。2017年の売上高は2兆7257億ウォン(1円=10ウォン)、営業利益は454億ウォンで、業績も「地味な」会社だ。

 ところが、証券業界は、はやした。

 「北朝鮮の鉄道整備事業費は23兆5000億ウォンで、鉄道車両の発注額は7兆ウォンに達する。毎年、1兆ウォンの受注が期待できる」

 こんな見通しが出た。

 現代ロテムの株価は、4月2日には1万5800ウォンで日々の売買株数も10万〜20万株だった。ところが、南北首脳会談が開かれ、米朝首脳会談開催の見通しになったことで、急騰した。

 売買株数は日によっては300万株を超え、株価は、北朝鮮に関するニュースが出るたびに上下しながらも基本的には上昇を続けた。

 6月1日の終値は4万250ウォン。2か月間で2.5倍に跳ね上がった。

 他の株は、どんな銘柄か。

現代グループをルーツにする会社

 主役は、現代ロテムを含めて「現代グループ」をルーツにする株だ。

 北朝鮮での経済協力事業は、北朝鮮を巡る情勢の変化によって紆余曲折をたどってきた。その中で、最も動いたのが2000年の金大中(キム・デジュン)韓国大統領(当時)と金正日(キム・ジョンイル)総書記(当時)との史上初の南北首脳会談前後だ。

 韓国最大の財閥だった現代グループの創業者である鄭周永(チョン・ジュヨン)氏は、晩年にあたるこの頃、故郷である北朝鮮関連事業にのめりこんだ。

 1998年には、2度にわたって合わせて1001頭の牛を連れて板門店を経て北朝鮮入りして、金正日総書記と会談して経済開発で合意した。

 開城(ケソン)の観光、工業団地開発、金剛(クムガン)山の観光開発権を取得して、事業に取り組んだ。

 「現代グループ」は北朝鮮事業の先頭ランナーだった。ところが、その後、グループ後継者選任を巡って親子、兄弟間で紛争が起き、現代グループから、自動車、造船、百貨店、金融などの有力事業が次々と独立してしまった。

 現代ロテムも今は、現代自動車グループの企業だ。

 鄭周永氏の死去後、北朝鮮グループや海運、エレベーター事業などを引き継いだ5男は「北朝鮮向け違法送金」などの容疑で検察調査を受けている最中に自殺した。

 南北関係の冷却化で、北朝鮮事業もすべてストップしてしまった。

 「再び北朝鮮事業が動く」とすれば、当時の流れで新旧現代グループに注目が集まるのだ。

 北朝鮮での開城、金剛山での事業権を持つのが現代峨山(アサン)。株式は上場していないが、「場外取り引き」で急騰している。

現代峨山、現代エレベーター、現代商船

 現代峨山の株式の70%を保有するのが、今の現代グループの中核企業である現代エレベーターだ。インフラ関連企業でもあり、この会社の株価も急騰している。

 4月2日の終値は7万7800ウォンだったが、6月1日には12万5000ウォンになった。60%の高騰だ。

 現代自動車グループの現代建設、現代製鉄も「経済協力テーマ株」だ。「現代」という名前がついているほか、いずれもインフラ関連だ。

 現代建設の株価は、4月2日の4万750ウォンから6月1日には7万100ウォンになった。

 鉄道用レールを韓国内で独占的に生産している現代製鉄の株価は4月2日の5万300ウォンから6月1日には6万1800ウォンになった。

 海運の現代商船の株価も同時期に4420ウォンから5670ウォンに上昇した。

 同じ期間に、韓国の総合株価指数は、ほぼ横ばいだった。だから「経済協力テーマ株」の上昇ぶりは、たいへんなものだ。個人投資家が群がるのもうなずける話ではある。

 だが、「テーマ株」だから、リスクも高い。買っている投資家もブームに乗っている場合が多い。

会社の内容は知らないが・・・

 筆者の知人も「現代ロテムって、いったい、何? 聞いたことがない会社だけど、証券会社に勧められて買ったら値上がりしたんだけれど・・・」と話していた。

 韓国紙デスクは呆れたように話す。

 「韓国では昨年、ビットコインブームで個人マネーが相場をどんどん釣り上げた。次は、北朝鮮ということで、次々と関連株を探している」

 「実際の南北協力事業は、いつ始まるのか分からないが、証券市場は、先取り先取りだから・・・」

 「北朝鮮」をビジネスに生かそうというたくましい商魂はあちこちで見られる。

 先日、テレビのチャンネルを替えていたら、急に「南北首相会談記念」という大きな文字が目に飛び込んできた。

 何かと思ったら、テレビショッピングチャンネル。

 進行役が「南北首脳会談を見ていたら、平壌(ピョンヤン)冷麺が晩餐の席に出てきたと聞き、やはり、食べたくなりますよね。今日は、特別に、ピョンヤン冷麺を用意しました」と紹介していた。なんとたくましいことか。

 北朝鮮の核問題はどう推移するのか?

 米朝首脳会談は本当に開かれるのか?

 非核化でどこまで合意できるのか?

 肝心の米朝首脳会談の先行きは、いまだあまりに不透明だが、「経済協力テーマ株」は踊り始めている。

筆者:玉置 直司