和歌山県田辺市の自宅で5月に急死し、体内から覚醒剤成分が検出された資産家・野崎幸助さんの死因が急性循環不全だったことが4日、捜査関係者への取材で分かった。県警は覚醒剤との関連を調べている。共同通信が報じた。

和歌山の資産家、死因は急性循環不全(共同通信)