画像はイメージです

写真拡大

三浦明美(仮名・31歳)

 以前、インターネットの生放送番組に、仕事で毎週出演していたことがありました。私が自宅の異変に気がついたのはその頃です。

 タンスの中の衣類の位置とか、下着のたたみ方が、変わっているような気がしたんです。なので私は、ドアの下部分に小さな紙を挟んで外出することにしました。

 ある日、家に帰ってくると、その紙が下に落ちていたんです。やはり誰かが私の部屋に出入りしているかもしれないと思った私は、ネットで安い防犯カメラを購入。人が前を通った時だけ、動体検知機能で撮影してくれるため、長時間撮影可能とのこと。そして、私はスイッチを入れて仕事に出かけました。

 その後、帰ってきて映像を見てみると、私の部屋に出入りしてたのは恋人でした。知らない男ならば、すぐに通報しようと思っていたのですが、彼は普段、全くおかしな素振りがなかったため、とりあえず話を聞いてみることに。

 彼によると、以前、私が貸した合鍵を返し忘れてていたため、たまに部屋を利用していたとのこと。また、衣類を勝手に漁っていたことについては、私が出演しているネットの生番組を見ながら匂いを嗅ぐことで、すごく興奮したからだそうです。他の視聴者は番組を見ているだけなのに、自分は匂いの粒子を体内に入れられることが嬉しかったとも話していました。

 その後、必死に謝罪されたので、大事にはしませんでしたが、こういうことをする人とはもう交際は無理だなと思い、別れましたね。

写真・Chest of drawers