厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第2回:ブラヴァス

 一時代を築いた名牝の初めての子として注目を浴びている2歳馬が、まもなくデビュー戦を迎える。

 栗東トレセン(滋賀県)の友道康夫厩舎に所属するブラヴァス(牡2歳/父キングカメハメハ)である。


ヴィルシーナの初子となるブラヴァス

 母は、2013年、2014年とGIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)を連覇したヴィルシーナ。2013年は1番人気に応えた、鮮やかな戴冠だった。

 一方、2014年は前年の勝利から不振に陥って、11番人気まで評価を落としていた。しかし、好スタートから果敢にハナを切ると、前年覇者の底力を発揮して見事な復活勝利を遂げた。周囲から「すでに終わった馬」という声も囁かれるなか、牝馬らしからぬ勝負強さで連覇を果たした同馬の姿を見て、涙した関係者やファンも少なくなかった。

 さらに語り草となっているのは、同期のジェンティルドンナとの”死闘”だ。桜花賞、オークス、秋華賞と、牝馬三冠を達成して歴史に名を刻んだジェンティルドンナ。ヴィルシーナはその3レースすべてで2着に甘んじたが、伝説的な名牝と繰り広げた数々の名勝負に多くのファンが酔いしれた。

“たら、れば”ではあるが、ジェンティルドンナさえいなければ、牝馬三冠もあったかもしれないヴィルシーナ。彼女のポテンシャルは、それほど高かったと言える。

 そして現役引退後、初めて生んだ子がブラヴァスである。デビューを間近に控えた同馬について、育成を行なったノーザンファーム早来(北海道)でも期待の声が高まっている。スタッフの木村浩崇氏はこう話す。

「ブラヴァスは、馬っぷりがべらぼうにいいですね。通常、初子は馬体が小さくなりがちですが、この馬は初子としてはいいサイズです。母は気が強いタイプでしたから、その面影は多少見られますが、扱い難いという感じではありません」

 初陣の予定は、7月8日の2歳新馬(中京・芝2000m)。鞍上は武豊騎手が務める。このコンビでどんな競馬を見せてくれるのか、期待は膨らむ。

 木村氏が再び語る。

「母ヴィルシーナは気持ちの強さもあって、レースではスタートから積極的に前に行っていました。それを受け継いでいるのか、ブラヴァスも調教の行きっぷりがいいですね。

 とはいえ、馬の後ろに入れてリラックスさせる練習をしたら、そこで落ち着くこともできるようになりました。きちんと学習するタイプで、その点でも評価が高いです」

 早い段階から、実戦を見据えた調教が施されてきたブラヴァス。デビュー戦は、その成果を見せる舞台と言えるかもしれない。 名手と臨む注目の初陣。馬主は母と同じ、元メジャーリーガーの佐々木主浩氏だ。ヴィルシーナの子がどんなパフォーマンスを見せるのか、しかと見届けたい。

◆安田記念のウハウハ予想。「穴2頭+大穴2頭」で、もう税金が心配だ>>

◆安田記念の伏兵3頭。うち1頭は「くれば遊んで暮らせる」大ボーナス>>