【今週の予想】

☆阪神6R 3歳未勝利(芝1800m)

 2戦目の変わり身が見込めるレッドアルジーヌ。デビュー戦は、ふわっとしたスタートから後方の追走となり、ペースが上がると追っ付けながら走った。まさにデビュー戦といった内容だったが、直線ではそれなりに脚を伸ばしており、次走へつながる走りを見せた。馬体に緩さがあるため、稍重の馬場状態も多少なりとも響いたようだ。今回は開幕週の良馬場で活躍が見込める。

◎レッドアルジーヌ
○ホワイトフォース
▲アストルム
△₁メイショウキョウジ
△₂アリュマージュ
△₃ワイズワン

買い目
【馬連】5点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃

☆東京11R 安田記念(G)(芝1600m)

 好メンバーがそろった今年の安田記念。中距離路線からスワーヴリチャードが参戦し、より面白いレースとなりそうだが、出脚が速くないスワーヴリチャードにとって、初のマイル戦は厳しい競馬になると見て、人気から言ってもここはばっさりと無印にした。一押しは明け4歳馬で伸びしろが大きいペルシアンナイト。前走の大阪杯では、中団でじっくりと脚をため、4コーナーをうまく立ち回って最速の上がりを使って2着。勝ったスワーヴリチャードには届かなかったが、最後の脚は1頭だけ際立っていた。前々走の中山記念は5着であったが、上位6頭のうち、5頭が4角5番手以内にいた馬だった。唯一、ペルシアンナイトは9番手から4角大外を回り、最速の脚を使って追い込んだ。勝ち馬から0秒3差と、負けはしたが力を見せた内容であった。ここにきて馬体は完成の領域に入り、素晴らしい仕上がり。ベストのマイル戦なら突き抜けるだろう。相手本線はサングレーザー。休み明けの前走は、33秒2の上がりを使って突き抜けたが、鞍上の好騎乗で非常にスムーズな競馬ができ、疲労を最小限に抑えることができた競馬であった。疲労を最小限に抑えられ、一叩きされた効果は絶大で、トモの筋肉は盛り上がり、毛艶はピカピカと文句なしのデキ。▲はリスグラシュー。以下、リアルスティール、アエロリット、レッドファルクスまで。

◎(5)ペルシアンナイト
○(15)サングレーザー
▲(14)リスグラシュー
△(11)リアルスティール
△(4)アエロリット
△(9)レッドファルクス
好調教馬(5)(15)

買い目
【馬単】6点
(5)→(4)(11)(14)(15)
(4)(15)→(5)
【3連複1頭軸流し】10点
(5)-(4)(9)(11)(14)(15)
【3連単フォーメーション】20点
(5)→(4)(14)(15)→(4)(9)(11)(14)(15)
(4)(15)→(5)→(4)(9)(11)(14)(15)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙へ入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。