W杯23名から外れた浅野と井手口、バックアップ選手として帯同決定

写真拡大

 日本サッカー協会(IFA)は6月2日、2018 FIFAワールドカップ ロシアに向けて、3日よりオーストリアで事前キャンプを行う日本代表のバックアップメンバーとして浅野拓磨(アーセナル→ハノーファー/ドイツ)と井手口陽介(クルトゥラル・レオネサ/スペイン)が帯同することを発表した。

 W杯に臨む日本代表メンバー23名からは外れた浅野と井手口だったが、バックアップメンバーとしてロシアW杯に行くことが決定した。

 日本代表は3日よりオーストリアで事前合宿を行い、8日(金)にスイス代表、12日(火)にパラグアイ代表と対戦。その後、本大会が開催されるロシアへと向かう予定となっている。