【速報】ジョコビッチが第1セットを6-4で先取。第13シードとの3回戦[全仏オープン]

写真拡大

「全仏オープン」(フランス・パリ/5月27日〜6月10日/クレーコート)の大会6日目、男子シングルス3回戦で第20シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、第13シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)と対戦。第1セットをジョコビッチが6-4で先取した。

両者の過去の対戦成績は、ジョコビッチの6勝1敗。クレーコートでの対戦でも3勝0敗となっている。ジョコビッチは2回戦の後「現時点では自分が望むレベルのプレーをしていないが、同時に、言うまでもなく時間がかかるプロセスだということは理解している」「まだ自信を徐々に取り戻しているところだ」と語り、先の2試合の内容に納得はいっていないようだ。3回戦は自身より上位シードとの対戦となるが、納得のいく勝利をつかめるか注目される。

試合はジョコビッチのサービスからスタート。序盤から中盤にかけて、どちらもチャンスを作ることができずキープし合う展開が続く。

先にチャンスを作ったのは、第8ゲームで30-40とブレークポイントを握ったジョコビッチ。しかしドロップショットをミスし、このチャンスを活かせずキープを許す。

それでも第10ゲームでジョコビッチは再度ブレークポイントを握ると、ラリーの末バウティスタ アグートのショットはアウト。ジョコビッチが6-4で第1セットを奪った。

試合は先に3セットを先取した方が勝利の5セットマッチ。現在第2セットに進んでいる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2回戦のときのジョコビッチ
(Photo by Mike Frey/Getty Images)