三代目 J Soul Brothers、登坂広臣&ELLYが作詞した最新曲をTV初披露<メンバーコメント>

写真拡大 (全2枚)

6月1日(金)に放送される『ミュージックステーション』では、三代目 J Soul Brothersが6日(水)にリリースされるアルバム『FUTURE』収録曲の中から、最新曲『RAINBOW』をテレビ初披露する。

『RAINBOW』最大の特徴は、登坂広臣とELLYがメンバー7人をテーマに作ったという歌詞。

登坂は歌詞について、「今までの活動の振り返りや、LIVEでステージから見える景色、そしてメンバー一人一人がそれぞれの夢に向かって歩んでいる今のリアルな言葉を歌詞にしました」とコメント。

これにメンバーも、「前回のツアー時からELLYは“一人一人が個性豊かで独自の色を持ちながらも、7人が集まると互いを引き立て合い、一つになるグループだ”という意味で『三代目はRAINBOWのよう』と例えていました。この曲の歌詞にはそれがとても良く表れていると思いますし、登坂の詩はまるでロードムービーのように感じます」(小林直己)と太鼓判を押す。

また、山下健二郎が「今回フォーメーションが変わり、ボーカルもダンスをするのでそこに注目してほしいです」とアピールするパフォーマンスにも要注目だ。

アメリカ人の振付師・CJ Salvadorにお願いしたという今回のダンスは、登坂、今市、直己の3人が口を揃えて「タイト」と語るほど激しいものになっているとか。テレビ初披露となる生パフォーマンス、見逃せない!