V6、Mステで井ノ原主演の話題のドラマ主題歌を熱唱!メンバー全員がコメント

写真拡大 (全2枚)

6月1日(金)に放送される『ミュージックステーション』に、V6が登場! 井ノ原快彦が主演を務めるテレビ朝日の人気刑事ドラマ『特捜9』の主題歌にもなっている最新シングル『Crazy Rays』を披露する。

『Crazy Rays』は、真心ブラザーズの桜井秀俊が作詞を手掛けた楽曲。

井ノ原は、「ある程度年を重ねていないと表現できない詞だなと感じました。こんな歌ができるようになったんだなぁと思いましたね」としみじみコメント。森田剛も、「『永遠なんかにキョーミはないけどはないけど 泣いたのさ』や『野生が笑って 舌を出している』など言葉の使い方が面白いと思いました」と、歌詞についての印象を語ってくれた。

また同曲でのダンスの特徴は、坂本昌行いわく「一定のリズムをkeepしつつ、大人の余韻を出しながら踊る」というもの。この“一定のリズム”が実は難関らしく、長野博は「振付の方が『今回の振り付けは簡単です』と言っていたのですが、ずっとリズムを刻むので意外と難しかったです」と語る。

そして岡田准一と三宅健も、「激しかったりするわけではないけどノリ方とかが意外と難しい」(岡田)、「決して派手ではないが、踊ってみると難しい」(三宅)とコメント。

一方で、そんなハードルの高いダンスチューンだからこそV6のダンス力の高さが光るのも事実で、岡田は「一人で踊っている意識ではなく、回りを感じる事は意識しています」と踊る上で意識していることを話し、井ノ原も「実は難しいけど、そう見えない方がカッコいい」とプロならではのこだわりを語ってくれた。

“大人なV6”が魅せるダンスナンバー、必見だ!