55歳年下の21歳モデルと結婚したばかりだったNEWSポストセブン

「薬は使わない」資産家遺体から検出された覚醒剤と過去発言の矛盾

ざっくり言うと

  • 紀州のドン・ファンと呼ばれた和歌山県の実業家の「怪死」を東スポが伝えた
  • 遺体から覚醒剤が検出されたが、過去の発言と矛盾が生じるという
  • 著書などではたばこはもちろん、違法薬物なども一切やらないとしていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング