新潟県警は31日、同県阿賀野市の五頭連峰の山中で29日に見つかった2人の遺体の身元を、5日に登山に出掛けて遭難した37歳の男性と、6歳の男児と確認したと発表した。共同通信が報じた。

親子は入山後の5日に「道に迷ったのでビバークする」と父親に連絡し、翌6日朝には「下山する」と伝えたが、その後連絡が途絶えていた。

山中発見2遺体、遭難父子と確認 新潟・阿賀野の五頭連峰(共同通信)