関東学生アメリカンフットボール連盟は日本大の内田正人前監督と井上奨コーチを永久追放となる除名にしたが、宮川泰介選手と日大チームチームに対する「今年度シーズン終了までの公式戦出場資格の停止」とする処分は甘すぎるという批判が起こっている。

連盟理事会でも4理事から「甘い」とする反対意見が出されたが、さらに関東大学リーグ1部に所属する15校(日大を除く)の監督会でも疑義が出た。監督会の大山茂議長は「これでは1年間何も改善がなくても、自動的に復帰できることになる」と危惧する。

1年間大人しくしていれば嵐は過ぎる

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「たしかに盲点でしたね。嵐が過ぎ去るのを1年間待っていればいい。学生はともかく、大学側がそう考えてもおかしくない」

学連の処分を日大の大塚吉兵衛学長は「正式に裁定を受領いたしました」とする声明文を出したが、監督らの危険行為の指示には一切触れていない。その部分はいまだに認めていないということなのか。

玉川「正式に受領しますは、監督・コーチが指示したという事実認定も受け入れたということになるのか。だとすればそこを言わなければいけないのに、ちょっとずるい」

辞任を表明した森琢ヘッドコーチらの去就でも新たな問題が出てきた。3人のコーチは内田前監督の招きで他大学から引き抜かれており、3人とも日大職員は辞めずにアメフト部のサポート役として残るという。

人事権も予算も握ったまま

ジャパンタイムズの生沢浩・運動部長は「人事権や予算を握っている内田前監督が常務理事で残り、チームに関わった主要なコーチ陣が残っては、生まれ変わった、体質を変えたことにはならない」と指摘する。

高木美保(タレント)「これでは常務理事を辞めない内田前監督の院政が敷かれかねないような状況ですよね。それが一番よくない」