長谷部をリベロで起用する3バックを採用した西野監督。後半は6人の交代枠をすべて使い切った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ2018]日本 0-2 ガーナ/5月30日/日産スタジアム
 
 メンバー発表を直前に控えた日本代表が、ガーナ代表と国際親善試合を戦った。新たに3バックが導入されたものの機能せず、直接FKとPKから失点を喫して0-2で敗戦。本大会を前にして、不安が募る結果となった。
 
 指揮を執った西野朗監督は試合後の記者会見で、3バックについて次のように語った。
 
「何度もお話させて頂いている通り、これからこの形(3バック)でというのは考えていません。対応をいろいろと考えていくなかで、今まで3バック、5バックでどう対応していくかというトライをしてこなかった。ガーナのシステム(4-1-4-1)や個々の力を消すことを考えれば、3バックではなかったかもしれない。ただ、代表としてこれからいろんな局面に対応したいというところだった。選手たちにも『これでいく』とは伝えていないし、そういったところのトライだったし、3トップに対しては修正したい」
 
 31日には、いよいよ本大会に臨む23人が発表される。6人の交代枠をすべて使い切り、戦力のテストを行なった指揮官は、選手交代の意図についても言及した。
 
「今日の1試合だけで、選手をリストに挙げる、挙げないということでは当然ない。(交代については)確認したい部分があった。香川(真司)、井手口(陽介)、岡崎(慎司)の3人は、これまでゲームに入ってこれなかった。ただ今日に間に合わすというか、ベストなコンディションを持って入らなければいけない選手たちが(状態を)整えて出場できた。プレーできた彼らが、これからの時間でどう変わっていけるかを総合的に考えたい。リストのことを考えなければ、彼らがプレーできたのは嬉しく思う」
 
 後半に起用された香川、井手口、岡崎の3人は結果を残せず、目立ったアピールはできなかった。長きに渡って日本代表を牽引してきた香川と岡崎、そしてハリルジャパンで存在感を高めてきた井手口はメンバー入りするのか。指揮官の選択に注目が集まる。