若きガーナ相手に良いところなく敗れ去った西野ジャパン。攻守ともに少なくない課題を残した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 ガーナ戦はまったく良いところがなかったね。
 
 なんだか4年前のサッカーに似ている気がするのは僕だけかな。ハリルさんのサッカーからザッケローニさんのサッカーに戻った感じがしたよ。パスを繋いで繋いで、でも最後のところで取られて、そこからカウンターを食らってというね。失点はふたつとも日本の弱い部分が出た結果だった。お決まりのパターンみたいなものだ。
 
 なによりガーナ戦では、攻撃の意図が見えなかった。いったいどうやって点を取ろうとしているんだ? 中央を突破するのか、サイドを崩すのか、あるいはサイドから中へ入れて点を取るのか、それとも中央に当ててから裏を狙っていくのか。点を取る形というのはいろいろあるけど、なにを狙っていたのかね。
 
 たしかに長友や酒井はサイドで精力的だったし、いい形で抜け出す場面もあった。でも問題はそこからだよ。せっかくボールを入れても、真ん中がまるで呼応していないじゃない。エリア内にあれだけ敵の選手がいるんだ。安易にボールを入れたところで跳ね返されるのがオチで、よほどヘディングの強い選手じゃないと勝てないよね。

 
 そういったところをチームとしてどう捉えているのか。もっとサイドでえぐってマイナス気味のパスを送り、それを走り込んだ選手が蹴り込むとか、ゴールを奪うための工夫がまるで感じられなかった。リードされていて、相手が守備を固めている状況下であんなに単調な攻めをしていては、ワールドカップじゃとても点は取れないよ。パスをただ繋ぐだけじゃ崩れないのは、これまでもずっと学んできたはずじゃないか。
 
 まあ前線は急造だったから、ある程度は大めに見なければいけないところはある。ただ、西野監督がガンバでやってたパスサッカーを代表に持ち込もうと考えているのなら、絶対的なストライカーがいないと成立しない。ガンバにはいつもいたよね。アラウージョとかマグノ・アウベスとかバレーとか。確実に点を取れるターゲットがいたからこそ、遠藤や中盤の選手のパスセンスや個性が活きたんだ。いまの代表にはそんな存在がいない。だから点を取る道筋が見えない。トップにボールが収まらないから、シュートにまでもなかなか行けないんだ。
 
 大迫にはずっと期待をしているし、もうちょっとやれると思うんだけど、ガーナ戦は大人しかったね。俺がやるんだという意識が足りない。俺にボールをよこせ、俺がいるんだからここに出せというのがもっと出てこないと。その意味では、武藤には力強さを感じたよね。ゴール前にいようと意識していたし、目立つところにいた。一方で岡崎はどこにおったかな。ほとんど印象に残らなかったね。
 
 本田は何分間出場したのかな? 60分近くは出てたでしょ。コンディションが良いという触れ込みだったのなら、もっとやらなアカン、もっとパワフルに立ち回るべきだったと思うよ。あれくらいなら普通だし、国内の選手だってやれる。香川はさっぱりだったし、井手口も見せ場がなかったな。
 
 宇佐美は左から中に切れ込んでシュートという強みを見せていた。でも、自分の形にこだわるばかりでは、あのクラスになるとそうそうゴールは生まれないんだ。相手が密集しているところで狙いにいくばかりじゃなく、トップに当てて跳ね返りを撃つとか、点を取るためのアイデアを絞り出していかないと。そうした周りを使った動きをもっと意識してほしい。彼ならできると思うのでね。

 
 どうやっても厳しかったのが、カウンターでのやられ方だ。お粗末としか言いようがない。1点目の(直接FKに繋がった)ファウルも、2点目のPKも、ボールの取られ方が拙いところから持っていかれている。ああいうのはワールドカップでは命とりだ。ガーナ相手に2点もやられているんだ。セネガルなんてもっと抜け目がないはずだよ。
 
 3バックとか4バックとかを議論する以前の問題だ。そこのところで崩されて失点したわけじゃない。パスを繋いで、そのミスから一瞬のカウンターを食らってファウルを取られてというところ。そこを修正しないかぎりはワールドカップでは戦えないよ。
 
 言うなれば、甘えがあるんだな。隙だよ、隙。本番ではあっという間にやられるよ。世界のトップレベルは常に狙っているんだ、ああした局面で。厳しさがまったく足りていない。本当にワールドカップを戦う準備ができているのか、と訊きたい。良い薬になればいいのだけれど。
 まあだいたい、今回のガーナ戦の位置づけ自体がどこかでボヤけてしまったよね。戦術や形を煮詰めていくためだったのか、それとも選手たちの見極めだったのか。その両方だったのかもしれないけど、6人も7人も代えてしまっては、まず連携なんてものは磨かれていかない。少しベンチもバタバタしていている印象があったな。
 
 いずれにせよ、明日には23人の正式メンバーが発表される。次の試合(6月8日のスイス戦)ではもっと明確なアプローチで試合に臨んでくれるだろう。そこでは個々の役割をはっきりさせて、選手間の連動性を高めていって、そしてなによりゴールまでの道筋をしっかり示してほしい。
 
 いまのままじゃ、とてもじゃないけどワールドカップじゃ勝てないよ。