関東学生アメリカンフットボール連盟は29日(2018年5月)、日本大アメフト部の内田正人前監督と井上奨前コーチを永久追放に当たる除名、宮川泰介選手とアメフト部は今年度公式戦出場停止の処分とした。

大阪学院大アメフト部の高野元秀総監督は「決定的根拠がない部分があるが、処分は妥当だったと思う」と話し、スポーツライターの小林信也氏も「わりとスッキリした結論だと思いますが、(監督とコーチ)3人が処分されたが、その他のコーチはどうなんだと不十分な感じもあります」

勝てばいいのか・・・親やファンも考え直すいい機会

ただ、小林氏は「この問題は、日本のスポーツ界が抱えている体質そのものなので、これを機会に指導者や選手、親御さん、見ているファンもこのことをもっと考える機会にしてほしいですね」と強調した。