関東学生アメリカンフットボール連盟はきのう29日(2018年5月)、日本大アメフト部の内田正人前監督の「(危険タックルを)指示していない」という説明をウソと断定、井上奨前コーチとともに永久追放に当たる除名処分にした。

関東学連は関係者20人へのヒアリングや新たに入手した映像などから検証し、「ほぼ全容解明した」としている。

「反則プレー見てなかった」記者会見の説明もうそ

宮川泰介選手がボールを投げ終えた関西学院大選手にタックルしたプレーを、内田前監督は記者会見では「ボールを見ていたので見なかった」と語っていたが、学連に対しては「ヘッドホンを落としてしまったので」と異なる説明をしていた。

プレー後にリーダー格の選手がチームメートたちに、「彼(宮川選手)は監督の指示通りにやったんや」と言い、それがスタンドにも聞こえていた。井上前コーチが宮川選手に「関学の選手は友達かあ!」と敵愾心を煽ったのも、「けがをさせろの指示だった」と判定した。

伊藤利尋キャスター「最も合理性の高いものを事実として認定したわけです」

司会の小倉智昭「監督、コーチのウソは誰が見たって明らかです」