©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

視聴者から寄せられた“面白かったこと”“驚いたこと”“感動したこと”など「二人のお耳に入れておきたいこと」に対して、マツコ・デラックスと有吉弘行が好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。

©テレビ朝日

5月30日(水)の放送では、「新しい建物が出来ると、そこに以前何があったか思い出せない」という視聴者から寄せられたメールについて、マツコと有吉が意見を交わす。

「このメールとまったく一緒だ」という有吉に対し、マツコは「わたしは意外と古いものまで覚えている」と即答。

しかし、そんな大きなものじゃなかったら忘れてしまうこともあるという話になり、ふたりは現在と少し前までで建物が変わっている場所の写真を見ながら、「ここには何があったか」を思い出してみる。

©テレビ朝日

また、「なぜ病院は揃いも揃って日曜日が休みなのか?」という視聴者からのメールについても議論。

近所に内科・小児科は多いがどこも日曜休診で困ったという投稿者の意見に、ふたりも「たしかに困るよね」と同意する。

日曜休診の病院が多い理由を聞いた後、話題は世のなかのしがらみや慣習へと展開。そこからさらにトークのテーマは、“最近マナーの悪い老人やタチの悪い老人が多い”という話題にうつる。

そこでマツコ&有吉は、マナーの悪い老人やタチの悪い老人の例をそれぞれ挙げ、苦言を呈する。ふたりが、例に挙げるマナーやタチの悪い老人とは?