ガーナ戦に向けて調整するFW岡崎慎司

写真拡大

 壮行試合が一つの試金石になる。30日のガーナ戦(日産ス)は3-4-2-1のシステムでスタートする可能性が高いが、日本代表FW岡崎慎司(レスター・シティ)は「新しい監督の下でコミュニケーションが取れると言っても、いきなりすごい連係が出たり、フィーリングが合ったりというのは難しい」と冷静だ。

「だからこそ迷わず思い切ったプレーをしないといけない。やり続ける精神が明日は必要。やり続けることでW杯でどう戦うかという課題が出る。中途半端になったら意味のない試合になる。それだけは避けたい」

 1トップのポジションをFW大迫勇也らと争う岡崎は左足首痛から全体練習に合流したばかりということもあり、ベンチスタートが濃厚。合宿初日だった21日の練習後には「100%でやれなければ(W杯に)行く意味はない」とも口にしていた。「100%でないとW杯では勝てない。世界と戦ううえで、状態が悪ければチームが犠牲になる」。あらためてその真意を明かし、「100%に持っていく努力はしている」と、日を重ねるごとにコンディションが戻ってきている手応えはある。

 バヒド・ハリルホジッチ前監督の下ではW杯アジア最終予選後、日本代表から遠ざかり、今回が約9か月ぶりの代表復帰。西野朗監督の初陣となるガーナ戦に向け、「自分はいなかったから分からないけど、重苦しい雰囲気もあったと思う。そういうのを忘れて、フレッシュに、頭を切り替えて(力を)出してみようということだと思う」と、土壇場でリスタートを切った日本代表の一員として新たな一歩を踏み出すつもりだ。

(取材・文 西山紘平)


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送