日本代表DF吉田麻也

写真拡大

 3バックを新たに導入した日本代表にとって、翌30日に行われるガーナ戦は貴重な試金石となる。DFリーダーとなる吉田麻也(サウサンプトン)は、「練習ではうまくいくこともある」と話す一方で「試合をやってみないと分からない」とも答えている。

 3-4-2-1のフォーメーション練習を始めたのは26日からで、試合前日のこの日を含めてもトレーニングを行ったのはわずかに4日。ガーナ戦で確認すべき点があると、吉田は挙げる。「守備に関しては動きの連動性やマークの受け渡し、ポジショニング。攻撃に関してはボールの出しどころをいくつ作れるか、(攻撃の)形をいくつ作れるかが大事」。確認事項はいくつもある。

「ハマれば前から奪うチャンスができて中盤が厚くなる」システムだが、押し込まれれば両アウトサイドも最終ラインに吸収されて5バックとなり、「前に人がいなくなり、ズルズル下がって相手のミス待ちになる」可能性もある。だが、実際にピッチ上でどのような結果になるかは、「試合をやってみないと分からない」というのが正直なところだろう。

「試合の中でどういうふうにやれるのか、やれないのか見出さないといけないし、チャレンジしなければいけない」。ロシアW杯本大会に向けて、「勝つ可能性を高めるための(西野朗)監督の判断」という新システムの手応えをガーナ戦でつかみたい。

(取材・文 折戸岳彦)


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送