日本大学アメフト部の「悪質タックル」が話題になるなか、女性ばかりを狙う悪質「タックル男」が東京・新宿に出没している。

先週金曜日(2018年5月25日)にJR新宿駅で撮影された映像(視聴者撮影)によると、紺色のバッグを背負った男が混み合う通路で、前方から来た女性に肩を突き出し、体をぶつけて通りすぎた。

30秒間に4人にぶつかる早業、男性がいるとよける

この映像によると、男は30秒の間に4人の女性にぶつかる一方、カップルや男性がいると避ける動きをしており、女性ばかりを狙っているようだ。

伊藤利尋キャスター「わざと(ぶつかっている)というふうに見えてしまうんですね」

小倉智昭キャスター「そうでしょうね。通行で狭くて、相手と接触したって感じじゃないもんね」

動画を撮影した人は、以前も同様の行為を見かけたために撮影したという。

伊藤「SNSでも、まさにMeTooという声が上がってきているということです」

「タックル男」の行為について、江口大和弁護士は「故意にぶつかっていれば肩からぶつかる方法は転倒して大けがの可能性が高く、暴行罪の可能性がある」と指摘している。