画像はイメージです。

写真拡大

石田亜美子(仮名・28歳)

 最近はすっかり寒くなりましたから、部屋で暖房を付ける人も多いと思います。でも、私の恋人は、まだ明らかに暑い時期から設定30度にした暖房をつけることがありました。その理由は、私の体温を上げたいからです。彼は汗が大好きで、暖房で私の体を汗だくにした後、垂れた汗を美味しそうに舐めてきます。

 さらに、真夏の時は野外でも汗の摂取行動は続きます。デート中、私に汗が滲んでいるのを確認すると、「お願い、お願い」と物陰や雑居ビルに連れて行かれ、そこでも汗を必死に舐めています。彼は「亜美子のしょっぱくて美味しいね」と嬉しそうにしていますね。

 そこまではギリギリ許容できるんです。でも、彼が怖いと思うのは、汗だけでなく、私からの分泌液をすべて欲しがるところ。感動的な映画を見て涙を流せば、それを舐めてきて感動はぶち壊しになりますし、寒くて鼻水が垂れてきた時は、当たり前のように口で吸ってきます。他にも気持ち悪い話ですが、下半身からの経血や尿もまったく抵抗なく舐めてくるんですよね。

 彼と付き合って2年ほどが経ちました。ルックスや普段の性格、収入に関しても不満はありません。でも、最近になってこのまま付き合い続けていいものかと悩んでいます。この前、「結婚したら毎日舐めさせてね」とニヤリとした顔で言われた瞬間はゾッとしてしまって……。ただ、私も結婚は早くしたいので、もうすこし様子を見てから今後のことを考えていきたいと思っています。

写真・tehmezz