画像はイメージです。

写真拡大

鈴木亜由子(仮名・24歳)

 彼とは大学のサークルで知り合い、相手から告白されて付き合うこととなりました。その彼は、とにかく寂しがり屋で、頻繁にメールを送ってくるだけでなく、時間があればとにかく会いたがる。なので、バイト以外はいつも一緒にいるという状況でした。学生時代はお互い時間もあるので、なんとか彼に付き合っていられたのですが、就職してからは、今までのようにはいきません。

 私はデザイン系の会社に就職したのですが、まだまだ下っ端のため、会社に残って作業することが多く、プライベートな時間をあまり作れませんでした。私がその状況をどれだけ説明しても、彼は「会いたい」「忙しいって言うけど、俺と仕事どっちが大切か考えてよ」とずっと言ってくるので、やがて、それが負担となり、別れを切り出したんです。それからは、仕事1本で頑張っていました。

 彼と別れてから半年ほど経った頃、なんとなく、自分の名前をネットで検索してみたことがありました。私の関わった作品が、ある賞にノミネートされたので、もしかしたら誰かが感想を書いてくれているかもしれないと思ったからです。ですが、検索して出てきたのは、想像もしないサイトでした。

 ある匿名掲示板に「死んでほしい人を書き込むスレ」というスレッドがあり、そこに私の本名がフルネームで書かれていたのです。私の名前ってよくある名前ではないんですよね。さらに、「才能ないくせに、いつも忙しぶってんじゃねぇよ!」といった言葉もありました。真っ先に浮かんだのは元カレの顔ですね。確かに、彼がやった証拠はありません。でも、人に恨まれるような生き方はしていませんし、忙しい私にいつも怒っていたのは彼でしたから……。それ以来、怖くなって自分の名前は検索できなくなりました。写真・tvol