本田、西野監督は「選手のアイデアを尊重してくれる」

写真拡大

 チームの雰囲気は明らかに変わった。練習中に選手の笑顔が増えたというだけでなく、練習の合間合間に選手同士で盛んにコミュニケーションを取る姿が見られるようになった。

 それはピッチ外も同様で、MF本田圭佑(パチューカ)は「選手同士それぞれポジションの近い選手とか、全体ミーティングも何回かあった。今まで以上にみんなが積極的に話している印象がある」と、チームの変化を口にする。

「選手は全員、前を向いている。前向きにこれだけ議論が出るというのは、ハリル監督がやっていたときはなかった」。バヒド・ハリルホジッチ前監督のときは練習中に選手同士で話をすることが制限されていたこともあり、選手間のコミュニケーションはこれまで以上に活発になっている。

 西野朗監督については「落ち着いている印象」と語った本田。「ある程度、選手のアイデアを尊重してくれているシチュエーションがある印象を受ける。そのあたりのコミュニケーションは今後自由にやれるんじゃないかなと思う」と、指揮官とのコミュニケーションにも問題がない様子だ。

(取材・文 西山紘平)


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送