トルコでの充実したシーズンを終え、意気揚々と代表合宿に合流した長友。今回は贅沢なカルテット写真でファンを喜ばせた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ロシア・ワールドカップの開幕まで3週間を切り、日本代表は6月19日のコロンビア戦に向けて調整に余念がない。5月27日も東京近郊の練習場でハードなトレーニングに取り組み、戦術理解と連携を深めた。
 
 宿舎へ戻るバスの車内で撮影されたのだろう。長友佑都が自身のツイッターに「豪華カルテット」の写真を公開した。「今日も良いトレーニングができました」との一文とともに収まっているのは、長友、吉田麻也、槙野智章、香川真司の4人衆。投稿欄には後方で少しだけ映って見切れている、長谷部誠キャプテンをいじる書き込みも寄せられた。

 
 吉田と槙野も同じタイミングで同じカットをSNSに投稿しているが、長友のメッセージ欄で特徴的なのは、やはりトルコ語が圧倒的に多い点だろう。「カガワをイスタンブールに連れてきてくれ!」「ツバサ(キャプテン翼)はどこにいるんだい?」「あれ? ナガトモはどれだっけ?」など、日本のファンではなかなかないユニークな反応が目白押しだ。
 
 代表のトレーニングは日増しに負荷が高まっている。30日の親善試合ガーナ戦に向け、26人の候補選手がラストアピールに懸命だ。