監督が「世界で最もツイートされた映画」の舞台語る

写真拡大

マーベル・スタジオ製作の「ブラックパンサー」が、6月6日に先行デジタル配信開始、7月4日にMovieNEXで発売となる。それに先駆け、MovieNEXに収録されているボーナス映像の中から、本作の舞台となったアフリカの文化について、ライアン・クーグラー監督、キャスト、制作スタッフらが語る2つのボーナス映像が解禁となった。

実写版「美女と野獣」(歴代興収13位)、「アナと雪の女王」(同12位)、「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(同11位)など、数々の大ヒット作の興行収入を瞬く間に上回った本作。ヒットを後押しする要因は、SNSにも表れている。ツイッターの発表によると、それまで1位だった「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」、2位だった「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を抜いて、「ブラックパンサー」は3,500万回以上ツイートされ、「世界で最もツイートされた映画」となった。中でも最もシェアされた投稿は、同作のサウンドトラックアルバムをプロデュースしたケンドリック・ラマーからの告知で、リツイート回数23万回以上を記録。オバマ元大統領の妻ミシェル夫人が作品を絶賛するツイートも13万8000回以上リツイートされた。

また、マンチェスター・ユナイテッド・フットボール・クラブのポール・ポグバ選手らが、ゴールを決めた後にワカンダの敬礼「ワカンダフォーエバー」を勝利の決めポーズとして使い始めると、テニスプレイヤーのガエル・モンフィス選手や、ラグビープレイヤーのコリンズ・インジェラ選手など、世界各国の黒人アスリートの間で流行し、その様子がSNSで話題になった。

今回解禁された映像の1つ目は、クーグラー監督たちがアフリカを元にしたワカンダ王国について語る映像(https://www.youtube.com/watch?v=mnBrzyh4LEg )。

「監督はワカンダの描き方にこだわった」と話すのは、ティ・チャラ役のチャドウィック・ボーズマン。この物語の舞台であるアフリカに行くことが重要だったと監督は振り返る。監督は架空の世界“ワカンダ王国”を表現できると信じており、アフリカを訪れた際、仮面や首飾りといった文化に根付いている装飾などの写真を制作スタッフに送っていたという。実在するアフリカの文化や伝統に倣い、そこに共感できるキャラクターたちが加わったことで、神秘的で空想的であるワカンダ王国に、現実的な根拠をしっかりと与えることができたのだ。

2つ目の映像は、クーグラー監督が作品の世界観を語る内容(https://www.youtube.com/watch?v=uD4OcCl3E8M )。監督は実際にアフリカへ足を運び、「もしワカンダが実在し、それを知ったらどんな気がするだろう?」「実在のワカンダが世界の問題に手をこまねいていたら?」といったことをずっと考えていたという。監督は植民地化や国境やアイデンティティーについて調べ、アフリカ系アメリカ人の文化とアフリカ文化も比較した。このように文化的な側面を深く掘り下げているからこそ、「ブラックパンサー」は、ヒーローアクション映画にとどまらない、社会現象を巻き起こすような記録的大ヒット作になったのだ。

今回解禁となった映像のほかにも、MovieNEXには制作の舞台裏や未公開シーン、キャスト陣のインタビューまで盛りだくさんのボーナス映像が収録されている。

最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に繋がり、マーベル・スタジオ史上最高傑作との呼び声が高い「ブラックパンサー」は、7月4日にMovieNEX(4,000円/税別)と4K UHD MovieNEX(7,800円/税別)、そして4K UHD MovieNEXプレミアムBOX(数量限定/14,000円/税別)を発売。6月6日より先行デジタル配信開始。