「こういうこともあると思っていましたが、残念です」と、番組冒頭で司会の小倉智明が切り出した。来月12日(2018年6月)にシンガポールで準備されていた米朝首脳会談を、トランプ大統領が突然キャンセルした。

ホワイトハウスは北朝鮮に送った書簡を公開し、会談準備のために北朝鮮側と連絡を取ろうとしたが「面会場所に北朝鮮高官が現れなかった」と言い、北朝鮮側は「想定外で遺憾である。アメリカ側に時間を与える用意がある」とコメントしている。

米政権・軍部内に強い「北朝鮮になめられるな!」

北朝鮮情勢に詳しい共同通信社編集委員の磐村和哉氏は、「北朝鮮から見返りを求められ、アメリカは疑念を持ったんでしょう。実験施設を爆破しただけじゃダメで、ハードルはもっと高いというアメリカのメッセージではないでしょうか」と見る。

ミュージシャンのグローバーは「核実験場爆破の映像では、どの程度破壊されたかわからないし、放射線量も測れない。検証ができない状態では、アメリカとしてはOKできないですよね」と話す。

中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「米朝でチキンレースをやっているみたいに見えますね」

米政権・軍部内に北朝鮮に融和的な外交を嫌う勢力があって、そこがトランプを羽交い絞めにしたという解説もある。たしかに、金正恩にあてたトランプの書簡は「シンガポールに行っちゃだめだって言われちゃった。ごめんね」と言っているように読める。