地元・熊本への思いを口にしたDF植田直通

写真拡大

 日本代表DF植田直通(鹿島)は24日、千葉県内での合宿に合流した。「身体の調子はかなり良いし、いいプレーができている」とコンディションの良さを強調。W杯本大会のメンバー入りに向けて、地元・熊本県へのメッセージも口にした。

 合宿初日は軽いトレーニングが中心。共にボール回しなどを行った6人のうち、DF昌子源、MF三竿健斗に加え、MF柴崎岳ら“鹿島組”が大半を占めていたこともあり、終始なごやかな雰囲気で取り組んでいた。

 これまで日本代表ではセンターバックとサイドバックで起用。西野朗新監督は過去、Jリーグで3バックと4バックを併用していたこともあり、まさに“ポリバレント”な役割も期待される。だが、「DFとしてやるべきことは変わらない」と気負いはなし。「失点しないことと闘うところを大事にする」と持ち味を生かしていく構えだ。

 今回はこれまで選ばれることもあったDF谷口彰悟、DF車屋紳太郎ら大津高出身の選手たちが選外。地元の応援も胸に闘っていく。「地震もあったし、特別な思いもある。僕を応援してくれる人々がたくさんいるし、そういう人の思いを背負ったプレーを見せたい」と意気込んでいる。

(取材・文 竹内達也)


★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!

2018W杯ロシア大会特集ページ

★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!

2018W杯ロシア大会日程&TV放送