企画展「日本のグラフィックデザイン2018」入場無料、雑誌広告や雑貨など東京ミッドタウンに集結

写真拡大

企画展「日本のグラフィックデザイン2018」が、2018年6月20日(水)から7月31日(火)まで東京ミッドタウン・デザインハブにて開催。入場は無料だ。

日本のグラフィックデザイン2018」は、会員約3,000名が所属するアジア最大級のデザイン団体・日本グラフィックデザイナー協会による年鑑『Graphic Design in Japan』の2018年版発行を記念して開催される企画展。身近な雑貨、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ウェブサイト、映像、展覧会やショップの空間デザインに至るまで、様々な日本のグラフィックデザインを実物と映像によって紹介する。

2018年は、厳正な先行を通過した約600作品の中から、年鑑『Graphic Design in Japan』にも収録された約300点を展示。第20回亀倉雄策賞を受賞した中村至男の個展告知・展示ポスターや、21_21 DESIGN SIGHTにて開催された「デザインの解剖展:身近なものから世界を見る方法」のグラフィック、「お茶のいろは by namacha」の空間構成など、様々な作品が紹介される予定だ。

【詳細】
日本のグラフィックデザイン2018
期間:2018年6月20日(水)〜7月31日(火)
時間:11:00〜19:00
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ
住所:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
※会期中無休・入場無料

【問い合わせ先】
公益社団法人日本グラフィクデザイナー協会
TEL:03-5770-7509


[写真付きで読む]企画展「日本のグラフィックデザイン2018」入場無料、雑誌広告や雑貨など東京ミッドタウンに集結

外部サイト

  • インドの綿布「カディ」とその魅力を伝えたマルタン・シンを紹介する展覧会、HaaTのバッグ販売も
  • 「六本木アートナイト2018」メインアーティストに金氏徹平、鬼頭健吾、宇治野宗輝
  • 「AUDIO ARCHITECTURE展」東京ミッドタウンで、音楽・映像・会場が一体化