きのう23日(2018年5月)夜の日本大アメフト部の内田正人前監督と井上奨コーチの会見は、日大から報道機関に要請したにもかかわらず、司会者が質問をさえぎったり、会見を途中で打ち切るなど、呆れた対応に生中継していたネットでも批判が強まった。

記者から「日大が会見をされるというので私たちは集まった。この会見はみんなが見ていますよ」と抗議されても、司会者は「見ていても見ていなくてもいいんですけど、同じ質問を何度も繰り返されて迷惑ですよ」

「納得できないから同じ質問になる」「司会者のあなたの発言で日大ブランドが落ちてしまうかもしれませんよ」と言われても、「落ちません。これで全部打ち切りにします」

会見を強引に打ち切った後も、記者らが「全社で共有しますからお名刺を」と要求しても、「必要ない」と突っぱねた。

共同通信の元論説委員長

後で確認されたのだが、この司会者は日大広報部の米倉久邦氏で、共同通信の元論説委員長だという。

司会の羽鳥慎一「酷い会見だったですね。まだ監督、コーチの話が終わっていないのに、なぜこの人がこういうことを言うのなあ」

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「元は取材する立場にいた人がなんでこういう態度をとったのか。僕は何かの意図を感じますね。どこからかの指示がなければやらないのではないか」