23日、日本大学と関西学院大学によるアメリカンフットボールの定期戦で起こった日大選手の悪質なプレーについて、内田正人前監督と井上奨コーチが都内で緊急会見を行った。

前日には、宮川泰介選手が会見を行い、該当するプレーが両名の指示によるものと説明したが、両名はこれを否定。その上で不明瞭かつすじ違いの回答に終始したことや、広報担当者の高圧的な態度も手伝い、日大に対する非難の声はさらに大きくなっている現状だ。

すると24日、フジテレビ「とくダネ!」では、番組MC・小倉智昭氏やアメフト専門メディアに携わる上村弘文氏が、同会見についてコメント。上村氏は、内田氏が語った釈明の一部をキッパリと否定した。

選手と指導者のやり取りで双方の主張が対立した一つに、スタメンの予定ではなかった宮川選手が井上氏に焚き付けられる格好で内田氏のもとへと赴き、「相手のQBをつぶしにいくので使ってください」と出場を直訴した点があげられる。宮川選手の説明では、この時、「やらなきゃ意味ないよ」と内田氏から念を押された上でスタメンに起用されたという。

だが、23日の会見で内田氏はこのやり取りを否定。「(宮川選手が)3メートルか5メートルくらいのところにきたことは記憶している」としながらも、距離があったことから「彼が何を言っているかわからなかった」などと説明した。

これに対し、同番組で上村氏は「恐らくこのシーンだろうというところを見ています。試合場で。当日ですね」と切り出した。

同氏は「監督は50ヤード付近でと言われていましたけど、僕は遠めで見ていました。なぜかというと僕はこの選手を取材しようと思っていたので試合前から注目していた」と説明。両者の会話シーンについては「(宮川選手が)なんか言いにいったなと。(内田氏から)なんか指示をもらっているなと。明らかに会話ができる距離」と話した。

また、そのシーンを覚えていた理由については、「僕はそのシーンを写真に撮り逃しているんです。いいシーンだったので撮ろうと思ったんですけど、ちょうどカメラを試合の合間だったので置いていた」と語った上村氏。「どんな会話が行われているかっていうのは分からなかった」とも付け加えたが、両者が会話できる距離にいたという証言が出たことで、内田氏の釈明にはさらなる疑惑が生まれることとなった。