日本大アメリカンフットボールの内田正人前監督と井上奨コーチはきのう23日(2018年5月)夜、緊急会見を行った。宮川泰介選手の危険タックルについて、「言っていない」「覚えていない」「見ていない」「聞いていない」と指示を否定し、おととい22日の宮川選手の会見と数々の食い違いが目立った。

「宮川選手はウソ言ってない・・・」と言いながらケガ指示は否定

井上コーチは「クオーターバックを潰してこい」と言ったことや過激な表現をしたことは認めたが、「思い切りそれくらいの気持ちでいってこいという意味だった」と説明し、「けが」という言葉を使ったどうかは「覚えていない」とした。

「(相手選手が)けがをして秋の試合に出られなくなったらこっちの得」「定期戦がなくなってもいい」などの発言についても否定したが、「宮川選手は嘘をついているのか」と質問されると、「彼が発表したことは合っている」と答え、辻褄が合わないままだった。

内田前監督は「『やらなきゃ意味ないよ』ということは言ってない」「私は指示していない」とひたすら否定した。

日大アメフト部OB「内田監督には逆らえない。井上コーチは言いなり」

 

内田前監督と井上コーチに直接指導を受けた日大アメフト部OBは「スッキリ」の取材に、「内田監督には、逆らったらまずいということを自然と体が覚えてしまうような怖さがあった」と話す。井上コーチについては「1対1だと悪い人ではないが、監督と一緒にいると、監督に合わせて言いなりになってしまう。どのコーチも監督には頭が上がらなかった」と話した。

ゲストの東京大アメフト部の森清之ヘッドコーチは会見を見て、井上コーチが板挟みになっていると感じたという。推測と断ったうえで、「宮川選手は井上コーチの愛弟子です。しかし、今回は彼以上に守らなければいけない何かがあるから、こういう会見になったのではないでしょうか」と話した。