日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨コーチは、きのう23日(2018年5月)に記者会見を開いて、悪質プレーを指示したことを否定した。前日に宮川泰介選手が反則行為をはっきり認めたのとあまりにも食い違う内容に批判が起こっている。

内田氏は「すべて自分の責任」と言いながら、具体的な指示となると「したことはない」と全面否定した。井上コーチは「相手のクオーターバックをつぶせとは言ったが、(ケガをさせろという意味でではなく)それぐらいの気持ちでいけの意味だった」と主張し続けた。

前日の宮川選手の潔さと好対照

司会の真矢ミキ「腹立たしかったですね。宮川選手が覚悟のうえですべてを語ったのに、2人の会見はシドロモドロで、考えもまとまっていなかったようでした」

堀尾正明キャスター「ウソを粉飾した会見にしか見えず、すごく疑問でした」

テリー伊藤(タレント)「だれが考えても、自分たちの保身でしかないですよ。刑事告訴を恐れてあいまいにしようとしていた。僕は日大出身だが、彼らは大学を侮辱している。恥ずかしい」

被害学生の父親「ひどすぎて体の震え止まらない」

被害を受けた関西学院大選手の父の奥野康俊さんはSNSで、「宮川選手がかわいそう。ひどすぎて体の震えが止まらない」とコメントした。

司会の国分太一「僕も感情が抑えられない。ウソをついているのではないかと思ってしまう。言った言わないとか、内田監督が宮川選手に呼ばれなかったから会見に同席しなかったとか、自分のところの選手とは思えない」