「ヴェヌス サウス インディアン ダイニング」はオープンキッチン(撮影/岩本 朗)

写真拡大 (全3枚)

 日本人が愛してやまない国民食・カレー。ブログ「カレーですよ。」にて4700件以上の食べ歩き記事を掲載し、これまでに1万食以上のカレーを食したはぴい(飯塚敦)氏は「こういうカレーもあるのか!!という新しい味、そうそうこれだよ!!という王道の味。両方と出会える楽しみがカレー探訪にはあります」と語る。

 同氏が最近のトレンドとしてまず挙げるのは、南インドカレー。油控えめで野菜を豊富に使うヘルシーさが特徴で、ここ6〜7年で人気が定着したという。

「日本では北インド料理を出す店が主流なので、読者の方にはまだ馴染みが薄いかもしれませんね。バターやクリームを多用するリッチな北インドカレーとは異なり胃もたれしないので、中高年の方にもおすすめです」(はぴい氏、以下「」内は同氏)

 ここでは、南インドカレーを提供する東京の実力派の2店を紹介しよう。

●ヴェヌス サウス インディアン ダイニング(錦糸町)

 インドの超高級ホテル、麹町の老舗インド料理店「アジャンタ」、銀座の有名店「ダルマサーガラ」と、名だたる名店で腕をふるってきた実力派のインド人シェフが、2015年にオープンした店。油控えめで野菜たっぷり、消化促進や疲労回復に効果的なスパイスをたっぷり使ったヘルシーな南インド料理を提供する。

 中でも注目は、「キリがいいから」と1000円で大盤振る舞いするランチブッフェ。肉や魚のカレー2種と野菜のカレー2種、ナン、ライス、サラダ、デザートが食べ放題で、カレーの種類は毎日変わる。そのレパートリーは200種類以上あり、週に2〜3回のペースで通う常連も決して飽きさせない。

 カレーは日本人に合わせて本場よりも辛さを抑えてあり、具材それぞれの味や食感を生かしつつ、熟練シェフのスパイス使いで香り高く旨みたっぷりに仕上げている。

・住所:東京都墨田区錦糸2-6-11
・営業時間:11時〜14時半(L.O.)、17時〜21時半(L.O.)
・定休日:無

●バンゲラズ キッチン(銀座一丁目)

 インド南部の港町・マンガロールの食文化を体験できると、今年1月のオープン直後から話題の店。

 ランチの「セットターリ」はマンガロール地方のカレーのバリエーションを楽しめると好評だ。サンバル(豆と野菜のカレー)、サール(マンガロールの寺院で供されるスープカレー)と日替わりの2種、計4種類のカレーは、辛さも味わいもさまざま。

 さらに付け合わせのサラダ、スナック、ピクルスが酸味や食感をプラスし、一皿で洗練された味を楽しめる。ライスはランチのみバスマティライスと日本米をブレンドしており、食べやすい。全粒粉で作るロティは素朴でどのカレーとも相性抜群。店内はお洒落な雰囲気で、若い女性客で賑わう。

・住所:東京都中央区銀座西2-2銀座インズ2 2F
・営業時間11時〜14時45分(L.O.)、17時〜22時半(L.O.)
・定休日:無

※週刊ポスト2018年6月1日号