西野朗監督が就任して最初の日本代表メンバーが発表された。

「最初の」とはいうものの、この中からワールドカップ本大会の登録メンバーが選ばれる可能性は高く、ある意味「最初にして最後の」である。当然、その顔ぶれがどんなものになるのかは、大きな注目を集めた。

 結果は、(予想されたこととはいえ)海外組が大勢を占めた。発表された27人のうち、海外組が17人。国内組は10人にとどまった。

 しかも、国内組の内訳はGK2人、DF4人、MF4人と、後方のポジションに偏っている。すなわち、海外組だけではまかないきれないポジションを国内組が埋めるという、何とも寂しい図式である。

 そんななか、”ひとり気を吐く”のが、鹿島アントラーズ勢だ。DF昌子源、植田直通、MF三竿健斗と、1クラブだけで国内組の3割を占めた。ワールドカップ出場の回を重ねるごとに劣勢となっていく国内組にあって、最後の砦とも言うべき存在になっている。

 3人の中では最も日本代表経験が豊富な昌子は、「選ばれたことは素直にうれしいが、まだ(ワールドカップ登録メンバーの)23人に選ばれたわけではない。自分は23人に入るか、入らないかのライン上。練習から100%のプレーをしたい」と、意気込む。

 とはいえ、ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の電撃解任後、初めての代表招集ということには複雑な思いもあるようで、「監督が代わるのは選手の責任でもある」と昌子。「自分は鹿島でも(監督交代を)経験しているが、危機感を持たなければいけない」と、気を引き締めてキャンプに臨む覚悟でいる。

 西野監督就任後の初キャンプとあって、新監督がどんなサッカーを志向するのかが注目されるが、それは選手も同じこと。昌子はガンバ大阪のジュニアユース出身ながら、「ガンバ時代の西野さんのサッカーはあまり見ていないので、(今回が)初見に近い」。だからこそ、「順応性が求められる。4バックであろうと3バックであろうと、どちらにも対応しないといけない」と語る。

 もちろん選手たちは、ワールドカップメンバーに選ばれたい、という気持ちが強いだろうが、だからといって、そればかりに意識が集中しては意味がない。今回のキャンプはワールドカップ前の最後の国内キャンプであり、本来なら最終調整段階である。それだけに、チームとしての戦術を少しでも深く浸透させる必要がある。

 特にディフェンスは攻撃以上に、「個人で守るというより戦術で守る」(昌子)という部分が大きくなるため、DFの選手にとっては西野監督がどんなサッカーをするのかは気になるところだろう。

 その点では、昌子と植田はセンターバックとして、三竿はボランチとして、いずれも守備的なポジションで普段から一緒にプレーしている鹿島勢には、アドバンテージがあるかもしれない。本番までの準備期間が短いからこそ、彼らの存在の重要度が増すはずだ。

 ただ、そこで少々気になるのは、鹿島自体の調子があまりよくないことだ。

 AFCチャンピオンズリーグでこそベスト8進出を果たしたものの、優勝候補の筆頭格と目されたJ1では大苦戦。第15節終了時点で5勝6敗3分けと黒星が先行し、勝ち点18の11位に沈む(鹿島はACL開催の関係で1試合消化が少ない)。優勝どころか、J2降格圏がちらつく低迷ぶりだ。



第15節のベガルタ仙台戦で苦杯をなめた鹿島アントラーズ

 ワールドカップ開催にともなうJ1中断期間前のラストゲームとなった第15節ベガルタ仙台戦でも、試合開始早々の2分に失点するなど、不甲斐ない内容で1-2の敗戦。前節まで2連勝していただけに、連勝を続けたままワールドカップへ向かいたいところだったが、痛い結果となった。昌子も「少しでも上の順位で中断を迎えたかった。この中断をプラスに変えないといけない」と、険しい表情で語気を強める。

 それでも、今は気持ちを切り替えて、大舞台へ向かう準備へと入らなければならない。23歳にしてワールドカップ出場のチャンスを手にしようとしている植田が語る。

「しっかりとメンバーに選ばれるよう力を出し切りたい。これを経験できるかどうかで人生が変わる。絶対に選ばれたい」

 仙台戦をケガで欠場した三竿も、鹿島の大岩剛監督によれば、「今日も練習ができているので、おそらく大丈夫」とのこと。指揮官の言葉はやや歯切れが悪く、不安をまったく感じないわけではないが、予定どおりキャンプには合流できる見込みのようだ。

 ワールドカップ本大会の登録メンバーが23人である以上、単純計算で現状から4人は落ちる。仮にFW久保裕也らが追加招集されることになれば、さらに落選者が増える可能性さえあるなかで、はたして国内組は何枠を死守できるのだろうか。

 4年前のブラジル大会では、登録メンバーのうち12人を海外組が占め、初めて過半数に達した。すなわち国内組が過去最少だったわけだが、今回のロシア大会では現時点でさえ国内組は10人しかおらず、最少記録を更新するのは確実だ。

 海外へ渡る選手が年々増えている以上、当然の成り行きであると言えば、そのとおりだろう。だが、海外組偏重の傾向が強まり過ぎれば、健全な競争が行なわれているとは言えなくなる。

 Jリーグの価値を高めるためにも、鹿島勢をはじめとする国内組には意地を見せてほしいものである。

◆本田圭佑に追い風ピュー。日本代表27人から削られる4人は誰か?>>

◆オシムが語るハリル解任「腐ったリンゴの排除か、監督交代しかない」>>