東南アジアで覚せい剤の製造と売買が急増 日本でも大量に発見

ざっくり言うと

  • 東南アジアのメコン川流域で近年、覚せい剤の製造や売買が急増している
  • 製造された覚せい剤は、日本や豪州などの太平洋諸国でも大量に発見された
  • UNODCは警告を発し、地域レベルでの対策の合意への必要性を強調した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング