アメフトの日大選手が悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた問題で、事態が急展開している。

きのう21日(2018年5月)、被害にあった関学大の選手側が大阪府警に被害届を提出したが、きょう午後、今度は反則行為をした日大の選手が都内で記者会見を開くことになった。どうやら、内田正人前監督とコーチの指示で蛮行に及んだことを告発するようだ。

加害選手は「切り捨てられる」恐れから会見?

今後の展開はどうなるのだろうか。

弁護士の菅野朋子氏によると、危険タックルをした日大選手は「傷害罪」に問われる可能性がある。それでは、内田前監督は?

「『そそのかした』程度であれば『傷害の教唆』ですが、強い指示があったり逆らえない関係性だったりした場合は『共謀共同正犯』になることも考えられます。自分で実行行為をしなくてもそれにあたることをしたということ。犯罪を起こす意志があったということです。監督の方が罪は重くなる可能性もあります」(菅野氏)

青木理(ジャーナリスト)「加害選手が会見と聞いて驚いたけど、告発が目的だった。おそらく、『選手が勝手に忖度をした』と切り捨てられるのではないかという恐れがここまでさせたのでは。日大の対応は最悪だ」

司会の羽鳥慎一「日大と選手の信頼関係が完全に崩壊しています」

菅野「ここまで反旗を翻すということは完全に破たんしてますね」

玉川徹(テレビ朝日解説委員)「(前監督の会見では)何を守りたいのかと思ったけど、守れないどころか名誉に傷をつけている」

青木「スポーツという世界の中に捜査当局が入り、加害者と被害者という事態を招いてしまったのは、本当に残念。内田(前)監督を含めた日大アメフト部の罪の重さを感じます」