いよいよ今週末に迫ってきた、2018年のGI日本ダービー(5月27日/東京・芝2400m)。今年、その有力候補の中に”異例のローテーション”で挑む馬がいる。

 ここまで無傷の3連勝できたブラストワンピース(牡3歳/父ハービンジャー)である。

 昨年11月のデビュー戦を快勝し、続く500万下のゆりかもめ賞(2月4日/東京・芝2400m)も圧倒的な強さを見せて2連勝を飾った。通常、この時期にオープン入りすれば、しかも無敗となれば、クラシックの王道路線となる、3月のトライアル戦から第1弾のGI皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)を目指すのが一般的だ。

 しかしブラストワンピースは、皐月賞をパスしてダービー1本、というローテーションを早々に決めた。

“異例”なのは、これだけではない。ダービー1本に絞るなら、4月後半〜5月前半のステップレースに出るのが通常のローテ。あるいは、その前にももう一戦して、2戦でダービー出走への賞金加算を狙うのが、これまでの定石だ。

 ところが、ブラストワンピースが3戦目に選んだのは、3月24日に行なわれたGIII毎日杯(阪神・芝1800m)だった。なおかつ、陣営はこの一戦で賞金が加算できなければ、「ダービー出走は諦めよう」と腹をくくっていたという。

 5月末までは、まだ時間に余裕がある状況である。それでいて、毎日杯にダービー出走のすべてを賭けていたのだ。

 そうして、ブラストワンピースは見事に白星を挙げて、夢舞台への切符をつかみ取った。


重賞の毎日杯も難なく勝利を飾ったブラストワンピース

 この選択の背景には、どんな考えがあったのだろうか。

 同馬がレース間の短期放牧に訪れるノーザンファーム天栄(福島県)で、場長を務める木實谷(きみや)雄太氏は、その理由をこう明かす。

「ブラストワンピースはレース後、どうしても背中と腰に疲れが残り、回復に時間がかかってしまいます。そのため、レース間隔は2カ月ほど必要。2連勝のあと、ダービーまでに2回はレースを使えません。そこで、毎日杯からダービーというローテーションに決めました」

 11月19日にデビュー戦を勝ったあと、2戦目まで2カ月半ほどレース間隔が空いた。それも、「背腰の疲労が関係していた」と木實谷氏は言う。

 もちろん、2勝目を挙げた時点で、それだけの青写真を描くのは、この馬への期待の裏返しでもある。実際、陣営がダービーを意識したゆりかもめ賞の勝ち方は圧巻だった。

 道中は、出走14頭中10番手ほどの位置取りだった。後方でじっくり運んで直線を迎えると、およそ150mの間に一気に加速して先頭へ。馬群のど真ん中を力強く割って抜け出し、あとは後続を引き離すだけだった。2着に4馬身差をつける圧勝劇には、見ている誰もが度肝を抜かれた。

「あのレースぶりを見て、大きいところを狙えると思いました。スケールの大きさを感じさせる勝ち方でしたから。そこから、ダービーを最大目標に置いて、大竹正博調教師ら関係者と相談し、以降のローテーションが決まったわけです」

 ブラストワンピースが初めてノーザンファーム天栄に来たのは、新馬戦を勝ったあと。木實谷氏が言うには、「大型馬で、まだ背中や腰に緩さを残していた」そうだ。ゆえに「よくこの完成度で、新馬戦を勝てたな」と思ったという。

「とはいえ、デビュー戦のパフォーマンスを見ると、いい能力を持っているのは確かでした。その後、2戦目に臨むまでは、きちんと調教ができましたし、デビュー戦よりもさらにパフォーマンスは上がるだろう、と思っていましたね」

 そのとおり、あるいはそれ以上に、ブラストワンピースは2戦目で素晴らしいパフォーマンスを披露した。

 迎えた運命の3戦目。先のある馬だからこそ、「ここでダメならダービーは仕方がない……」と腹をくくっていた毎日杯である。

 前走のレースぶりから、初めて1番人気に推された。ブラストワンピースは、その人気と陣営の期待にきっちりと応えた。

 スタート後、前走とは一転してスッと2番手の好位に取りついた。そのままスムーズに折り合うと、直線では内の狭いところを反応よく抜け出した。一瞬、内ラチに接触してヒヤッとさせられたが、馬の勢いは衰えない。上がり33秒9。最後は手綱を抑える形で、堂々の3連勝を飾った。

「毎日杯は満足のいく競馬になりました。スタートは少し遅れ気味でしたが、すぐに2番手につけて、いいレース運びでしたね。直線の反応も鋭く、余裕もありました。

 レース後は、一度こちらに戻ってきて、いつもどおり背腰のケアを入念に行ないました。その後も、いたって順調です」(木實谷氏)

 疲労が残りやすい体質を考えて、陣営が選んだ異例のローテーション。ブラストワンピースは、その中でしっかり結果を出し、日本ダービーという最高峰の舞台にたどり着いた。

 そんな事情があったからこそ、木實谷氏はブラストワンピースが挑むダービーへの思いをこう語った。

「この3戦は本当に運も向いて、うまくここまできたと思います。同じように素質がありながら、ダービーにたどり着けなかった馬もいますから。

(ブラストワンピースは)いろいろなスタイルの競馬をしていますし、この舞台も経験済み。馬込みから抜け出すのも問題ないので、レース展開への不安はありません。あとは、馬場と枠順が噛み合ってくれればいいですね」

 ちなみに、同馬の母ツルマルワンピースは、ノーザンファームではなく、他の牧場で生まれた。現役引退後、ノーザンファームに繁殖入りし、彼女が最初に産んだ子がブラストワンピースである。さらに血統をたどっていくと、3代母のエラティスもノーザンファームで繁殖生活を送っていた。

 こういった背景を思い、「かつてノーザンファームにいた血統から、巡り巡ってこういう活躍馬が出るのは感慨深い」と木實谷氏は語る。

「ダービーは、お産のスタッフ、イヤリング(離乳から1歳までの管理をする牧場)のスタッフ、デビュー前の育成を行なうスタッフ……みんなが目指している舞台です。この馬に限らず、うちから出走するすべての馬が、いい走りをしてくれればいいですね。もちろん、『無事に走ってほしい』という気持ちが大前提にありますが」

 無敗の戴冠。達成すれば、それだけでも十分に快挙だが、同時に異例とも言えるローテーションも語り草となるだろう。 ブラストワンピースは、新たな歴史を刻むのか。その挑戦を、しかと見届けたい。

◆競馬のプロも頭を抱えて大混乱。ダービー直前「3歳牡馬ランキング」>>

◆えっ、安藤勝己はあの馬を切ったの? ダービーを読む「3歳牡馬番付」>>