【今週の予想】

☆新潟11R 韋駄天ステークス(芝直1000m)

 この条件なら崩れないレッドラウダ。近5走の内、4走が直線1000mの競馬と、この条件にこだわって使われてきた。崩れた5走前は、勝負どころで勝ち馬がよれてきたため、一度ブレーキをかける不利があり5着。3走前は格上挑戦だったが、スタート直後に前をカットされる不利があったためと敗因は明らか。昨年当レースで3着に入っており、その時が55kgの斤量で、今回は53kgとハンデも軽くなり、前走休み明けを一叩きされたことで、状態はさらに上がっており、2階級格上挑戦でもまったく引けを取らない。

◎レッドラウダ
○ダイメイプリンセス
▲アペルトゥーラ
△₁レジーナフォルテ
△₂ラインミーティア
△₃ヨンカー

買い目
【馬単】8点
◎→○▲△₁△₂△₃
○▲△₁→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】24点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲△₁→◎→○▲△₁△₂△₃

☆東京11R 優駿牝馬(GI)(芝2400m)

 アーモンドアイは確かに強い。しかし、馬体の造りはやはりマイラーよりで、2400mが良いとは決して思えない。それでもこの時期の牝馬は、ポテンシャルの高さでこなしてしまうことはあるが、ここは対抗に留めたい。代わって狙いたいのは距離延長がプラスとなるサトノワルキューレ。前走はデビュー以来初めての牝馬限定戦。レースは最後方から直線だけで15頭をごぼう抜き。残り3ハロンのレースラップが11秒5-11秒3-11秒7で、それを差し切るのだからサトノワルキューレが如何に良い脚を長く使ったことか。長めの距離で牡馬と渡り合ってきたことで、メキメキと力を付けてきた。アーモンドアイ、ラッキーライラックは強いが、この距離なら勝ち目はあると見る。▲にはラッキーライラック。以下、トーセンブレス、リリーノーブル、オールフォーラヴまで。

◎(8)サトノワルキューレ
○(13)アーモンドアイ
▲(2)ラッキーライラック
△(4)トーセンブレス
△(1)リリーノーブル
△(6)オールフォーラヴ
好調教馬(13)(2)(6)

買い目
【馬単】6点
(8)⇔(2)(4)(13)
【3連複1頭軸流し】10点
(8)-(1)(2)(4)(6)(13)
【3連単フォーメーション】20点
(8)→(2)(4)(13)→(1)(2)(4)(6)(13)
(2)(13)→(8)→(1)(2)(4)(6)(13)

☆東京12R 丹沢ステークス(ダート2100m)

 末脚強烈なビスカリア。前走は直線だけで13頭をごぼう抜き。上がりはもちろん最速だが、特筆すべきは次位との差。本馬の上がりは36秒1、次位が37秒1で、その差1秒と極上のキレを見せた。今回は300m距離が延びるが、ゆったりと走れ、しっかりと脚が溜められる分プラスになってもマイナスにはなるまい。これまで4勝しているが、すべて左回りでのもので、ハンデは53kgと連勝の条件は整った。

◎ビスカリア
○スウィフトレイド
▲ラテールプロミーズ
△₁レッドサバス
△₂リヴェルディ
△₃トウカイエントリー

買い目
【馬単】8点
◎→○▲△₁△₂△₃
○▲△₁→◎
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】24点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃
○▲△₁→◎→○▲△₁△₂△₃

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。