『羊と鋼の森』 ©2018「羊と鋼の森」製作委員会

写真拡大

映画『羊と鋼の森』の新たな場面写真が公開された。

【もっと画像を見る(19枚)】

場面写真では山崎賢人演じる主人公・外村が、鈴木亮平演じる先輩調律師・柳の仕事を見てメモを取っている様子や、三浦友和演じるピアノ調律師・板鳥が真剣なまなざしでピアノの調律を行なう姿、外村と板鳥が向かい合っている場面などが確認できるほか、上白石萌音と上白石萌歌演じるピアニストの姉妹や、仲里依紗演じる柳の恋人・絵里、城田優演じるプロピアニスト・上条、佐野勇斗(M!LK)演じる外村の弟・雅樹らの姿も写し出されている。

6月8日から全国東宝系で公開される『羊と鋼の森』は、宮下奈都の同名小説を映画化した作品。北海道の田舎で育った主人公・外村が、高校でピアノの調律師・板鳥と出会ったことをきっかけにピアノの調律に魅せられ、調律師を目指して成長していく様を描く。