アイドルユニット「アイドリング!!!」の結成メンバーとしてデビューし(2015年10月卒業)、現在は『競馬予想TV!』(CS・フジテレビONE、)のアシスタント(2014年9月〜)をはじめ、『競馬血統研究所』(同前、2015年7月〜)、フジテレビ系列の競馬中継に出演し、『サンスポZBAT!競馬』のイメージキャラクターとして競馬方面にも活躍の場を広げる横山ルリカさん。

 競馬歴は4年目。Sportivaへの登場は大好評だった昨秋のエリザベス女王杯以来となるが、先日のヴィクトリアマイルも見事に的中させるなど、馬券の調子も上向きのようで今週のオークス予想も大いに期待できそうだ。


ヴィクトリアマイルを的中させた横山ルリカさん。今週も当てて大一番ダービーへ

 競馬のお仕事をさせていただくようになって、まだそんなに日は経っていないなかで、昨年のオークスは『競馬血統研究所』のロケがあり、生で見ることができました。

 昨年の3歳世代の牝馬ではソウルスターリングをずっと応援していました。フランケルの産駒なので、稍(やや)重馬場の桜花賞でも大丈夫との評判でしたが、実際にはその馬場が響いたのか、3着に負けてしまいました。でも、私は一番能力があると信じていて、その雪辱をオークスで果たすことができてよかったなと思いました。

 番組は血統予想がメインなので「オークスは何はともあれディープインパクト産駒」という傾向を取り上げ、私もディープ産駒の何かは来るだろうなと思っていました。ところが、1着がフランケル、2着と4着がハービンジャー、3着がハーツクライの産駒で、まさかのディープ産駒が全然上位にこないレースになってしまった。そういう意味でも印象に残っています。

 私の予想のスタイルは、データが中心にはなるんですが、例年ならオークスは絶対的な底力、能力勝負になるので、人気どころは飛ばないレースだと思っています。ですが、今年はそうならないのでは?という可能性を見つけちゃいました。ひと味違うオークスになると勝手に思っています。

 調べてみると、桜花賞が堅い決着だった年は、オークスは逆に堅く収まらない、という法則を見つけたんです。

 2001年の桜花賞は1着が1番人気、2着が4番人気、3着が2番人気で堅く決まったのですが、オークスはそれぞれの馬が3着(1番人気)、6着(2番人気)、12着(3番人気)となりました。2011年の桜花賞は2番人気、1番人気、4番人気の順で決着し、オークスではそれぞれ4着(1番人気)、3着(2番人気)、不出走だったんです。このときの3連単は54万円でした。

 こういったケースで上位に浮上するのは、桜花賞で負けた組の巻き返しではなく、別路線組なんです。2001年も2011年も、どちらも勝ち馬は桜花賞に出ていない馬でした。ですので、(桜花賞が2番人気、1番人気、3番人気で堅く決着した)今年もそれに当てはまるかな、と感じまして、本命は別路線組から選んでみようと思いました。アーモンドアイやラッキーライラックに勝たれたら、それはもうしょうがない。絶対的な能力の戦いには「ならない」ほうに賭けてみます。

 別路線組の有力馬が何頭かいるなかで、本命はもうサトノワルキューレで決めています。ひとつは2400m(ゆきやなぎ賞/3月10日)を経験しているのが他の馬とは違うという点。そのレースで牡馬を相手に勝ち、しかも2着のエタリオウは青葉賞でも2着に入って、ダービーでも通用するかしないかというボーダーラインにいるレベルですからね。

 アーモンドアイもシンザン記念で牡馬を負かして、桜花賞前はそのシンザン記念のレースレベルはどうなのか、という議論もあったと思いますが、それでもあれだけ強い勝ち方をしました。なので、レースレベル云々よりも、あのクラスで牡馬に勝っている牝馬というのは強いんだと今年はとくにそう感じました。

 もうひとつの決め手になったのは、ゆきやなぎ賞のレース内容です。最後方から向正面で徐々にポジションを上げていって、最後の直線で追い出すというレースでしたが、中盤であれだけ脚を使っていて、最後の直線でまだまだ伸びるんじゃないかと思うほど、とんでもなく長くいい脚を使える馬なんです。

 アーモンドアイも同じように後ろからいく馬で、2頭ともに「届くの?」という意見もありますが、サトノワルキューレのほうは途中から動ける機動力もあるので、そこはアーモンドアイと違いますし、展開にも左右されない。鞍上もずっと乗っているミルコ・デムーロ騎手と材料は揃っています。

 前走のフローラS(4月22日/東京・芝2000m)は、あれだけ前残りの展開でもごぼう抜きで勝ち、とんでもない馬がいたんだと思って、オークスはこの時点で本命にしようと考えました。当日はプレゼンターをやらせていただいて、表彰式後にデムーロ騎手にお話を聞いたら、「馬が強かったです」と絶賛していました。あの自信は間違いなく、これは本番でも”もってきちゃうな”と。マイルの桜花賞よりも中距離に適性があると狙っての使われ方もいいですね。

 逆に桜花賞の上位組は、阪神のマイルに適性がありすぎる馬たちなのかな、という考え方もあります。結局、阪神ジュベナイルフィリーズの上位の馬が桜花賞でも上位にきていますし。桜花賞が堅くてオークスが荒れる、というのは、その年は桜花賞とオークスで適性が全然変わるからだと考えます。

 桜花賞を振り返ると、ラッキーライラックは例年なら勝っていたと思います。本当にアーモンドアイがすっごいところから飛んできたなと気になって、パトロールビデオを見たんです。普通のレース映像での印象と全然違っていて、楽々と大外から一気に伸びてきたのではなかった。パトロールではヨレていて、手前も何回も変えて、あっちいったりこっちいったりな感じで、子供っぽい走りに見えたんです。

 これについてはいろんな考えができて、それだけフラフラしても強いんだ、という見方と、逆に2400mであの走り方では結構キツいんじゃないか、疲れもすごい溜まるんじゃないか……とも考えられます。アーモンドアイはここまで新馬戦のあと2カ月、そのあとは3カ月おきと、基本的に間隔を空けていた馬。それが、今回は1カ月半しかない。そこはつけ入るスキがあるのでは。追い切り後の関係者のコメントはいいお話が並んでいますから、サクっと勝たれちゃうのかもしれませんけど(笑)。

 対照的にラッキーライラックは、桜花賞でも直線はまっすぐ走っていて、レース内容も完璧だったと思います。あれだけマークされて、普通だったら潰されちゃうこともありますが、やっぱり勝っちゃうんだと思わせる内容の2着でしたからね。アーモンドアイには差されましたけど、ラッキーライラックも止まってない。今回、2番枠をひいて、コースロスなく道中を進められれば、オルフェーヴル産駒ですし、距離が延びての逆転もなくはないと思っています。

 サトノワルキューレ以外の別路線組では、オールフォーラヴですかね。アルメリア賞(3月4日/阪神・芝1800m)では結構な不利を受けていましたけど、これがなければ無敗でオークスに挑んできたと思います。桜花賞に見向きもしないで、早くからオークスを目標に絞った、意図が見えるローテーションはサトノワルキューレとも似ています。忘れな草賞(4月8日/阪神・芝2000m)を勝った馬というのは、オークスでは勝つか、どこにもいないかとなりますが、この馬については勝てる可能性もあるのでは。オークスは結局、桜花賞、フローラS、忘れな草賞組が勝っています。今年の流れなら、気になる馬です。

 あと大穴っぽいところでは、うーん、桜花賞組が誰もいない、ということも考えにくいんですけど、距離適性を意識してきた馬で考えると、ロサグラウカとかカンタービレですかね。キーマンは3頭出してくる角居勝彦調教師でしょう。カンタービレもギリギリまでデムーロ騎手を確保したかったと聞いていますので、それだけ期待しているのだと思います。小柄な牝馬でオークス向きですし、今回騎乗する田辺裕信騎手とも手が合いそう。

 桜花賞敗戦組では、マウレアはズバっとした切れ味勝負の桜花賞よりも、長くいい脚を使えるのでオークスに向いていると思いますし、桜花賞では外枠が不利だったので、今回は3番枠で、武豊騎手も来そうな怖さはあります。桜花賞の5着までの馬はなんにせよ、押さえたほうがいいかなと思っています。(4着の)トーセンブレスも惜しかったですし、(3着の)リリーノーブルも1番枠に入ったのがどう出るのかな、と。今回、アーモンドアイが外枠で、桜花賞の2〜5着が見事に内枠1〜4番に入って、ビックリしました(笑)。

 アーモンドアイはこの馬の競馬に徹すればいいと思うので、13番枠が悪いとは思いませんが、事実としてオークスは内枠有利なので、桜花賞どおりの着順で決まるとは思わないですね。

 とにかく3歳牝馬はまだ成長時期で、能力や適性もわからない部分があります、桜花賞組が強いと決めつけずに、サトノワルキューレに期待します。

◆オークスは中波乱だ。5〜6番人気の馬券に「当たり」と書いてある>>

◆オークスは、本命アーモンドアイと未対戦で「侮れない馬」が1頭いる>>