ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 ゴールデンウィークに行なわれたNHKマイルCから始まる東京競馬場でのGI5週連続開催。やはり、日本競馬の”顔”とも言われるスケールの大きな競馬場で行なわれるビッグレースは、ファンの方にとっても見応えがあることでしょう。

 同様にその舞台は、馬主さんをはじめ、調教師、厩務員など競馬に携わる者にとっても特別なものです。最も収容人数の多い競馬場ですから、歓声もとどろき、レースに乗っている騎手も、格別の雰囲気を味わうことができます。それはもう、乗っている者にしかわからない、ものすごい感覚です。

 例えば、東京ドームでライブを行なった場合、満席だと収容人数は5万5000人ほど。東京競馬場は、それこそ日本ダービーの開催日となれば、10万人を超えますからね。その盛り上がりは相当なものがあります。何となく、イメージしていただけたでしょうか。

 ちなみに、僕がサニーブライアンに騎乗して勝った1997年のダービーでは、18万人にも及ぶファンの方々の来場があったそうです。延べ人数ですので、メインレースの前にお帰りになられた方もいたと思いますが、それでも12万〜13万人の方がレースを観戦していらっしゃったのではないかと思います。

 先にも触れましたが、そこでの感覚は、あのとき、あの場所でしか味わえない特別なものです。ですから、日本ダービーには勝ち負けを抜きにして「何度でも乗りたい」と思うのでしょう。まさに騎手冥利に尽きる一瞬ですからね。

 そんな大舞台の前週となる今週は、ダービーの”前夜祭”的な空気感がある、3歳牝馬の頂点を決する優駿牝馬オークス(5月20日/東京・芝2400m)が行なわれます。

 ダービーと同じ舞台となる東京・芝2400mという、3歳牝馬にとってはタフなコースで争われますが、テンから厳しい流れになることが多いダービーに比べると、オークスはやや落ち着いたレースになることが多いですね。

 それは、まだまだ華奢な若駒牝馬であるため、鞍上を務める騎手も「距離は大丈夫か?」と懸念しながら乗っており、おおよそ折り合いをつけることに専念し、なるべく体力を温存しようと心がけているからでしょう。

 その結果、普通の2400mの競馬よりも、直線での決め手勝負になることが多いですね。800mも距離が延びながら、桜花賞(阪神・芝1600m)組の好走が目立つのは、そのためだと思います。

 この時期の3歳馬ですから、よく言われる”完成度の差”もあるでしょう。ただし、その差が目立つのは桜花賞辺りまで。オークスの時期にもなると、春先からメキメキと力をつけて、頭角を現してくる馬がよく見受けられます。

 昨年の2着馬モズカッチャンや、一昨年の2着馬チェッキーノなどは、その類いでしょう。馬券的には、そうした馬の見極めが肝になるかもしれませんね。

 とはいえ、今年はまず、アーモンドアイを取り上げなければいけないでしょう。

 シンザン記念(1月8日/京都・芝1600m)以来という、前代未聞のローテーションで挑んできた桜花賞(4月8日)は、長距離輸送もある関東馬でもあり、正直厳しい競馬になると思っていました。ただその反面、アーモンドアイには普通ではない可能性も感じていたので、もしここで勝つようなことがあれば、”化け物級”の馬だろうとも思っていました。

 結果はご存知のとおり、”化け物級”でした。同馬を管理する国枝栄調教師は、アパパネで牝馬三冠を遂げていますが、そのときよりも自信があるのではないでしょうか。

 アーモンドアイはロードカナロアの仔ですが、折り合いに不安がなく、しかもあの柔らかい走りはスタミナのロスが少ないため、距離が延びてもまったく心配はないと思います。

 そもそもロードカナロア自身、2013年の安田記念に勝った当時にも触れましたが、折り合ってタメが利くようになってからは、一介の短距離馬ではなく、2000mの天皇賞・秋でも好勝負できる馬だと思っていました。

 アーモンドアイはその血をきっちり受け継いでいると思います。おそらく日本ダービーに出走しても、好勝負ができたのではないでしょうか。そう考えると、同世代の牝馬相手には負けられませんね。

 桜花賞の際には、そんなアーモンドアイよりも人気を得ていたのがラッキーライラックでした。結果は2着。初めて土がついてしまいましたが、桜花賞のレース内容からして、同馬の評価が大きく下がることはありません。

 人気を背負っていた分、”横綱競馬”で勝ちにいっての結果。人気が逆なら、また違ったレースになっていたのではないでしょうか。

 ただ、この馬はそれこそ”完成度の高さ”で、それまでのレースで結果を出してきたようにも感じました。桜花賞で3回目の対戦となったリリーノーブルにも、初めて迫られましたからね。

 展開うんぬんはあるものの、桜花賞と同じような競馬だったチューリップ賞(3月3日/阪神・芝1600m)では、その前に対戦した阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)のときよりも差を広げていました。チューリップ賞があくまでもトライアルだったとすれば、本番ではもっと差を広げてほしかったところです。

 そういう意味では、もしかするとリリーノーブルのほうが成長力があり、徐々に追いついてきたのかもしれない、とも受け取れるレース結果でした。

 ともあれ、どちらにしても、アーモンドアイを逆転できるか? と言えば、疑問です。それほど、アーモンドアイのレースぶりは衝撃的でした。

 もしも……があるなら、やはり未対戦組。フローラS(4月22日/東京・芝2000m)を勝ったサトノワルキューレは、その資格があるでしょう。

 フローラSのレースぶりは、まるでアーモンドアイとの”仮想・脚比べ”にも思えました。おそらく鞍上のミルコ・デムーロ騎手は、サトノワルキューレがどれだけの脚が使えるのか、測ったのではないでしょうか。そう、出走権利を取る前から、本番の”打倒・アーモンドアイ”を想定して競馬をしていた――そんなふうに見えました。

 結果は最良だったと思います。距離に関しても、実績があってまったく心配はいりません。状態さえ保っていれば、好勝負になると思います。

 そこでカギになるのは、本番まで詰まったローテーションになること、さらにその間に2度の関東圏への輸送を行なうこと。それらをうまくクリアできるかどうかが、ポイントになるでしょう。

 ここまでに挙げた4頭はかなり強力だと思うのですが、もう1頭気になる存在がいます。フラワーC(3月17日/中山・芝1800m)を勝ったカンタービレです。1月の未勝利戦を勝利したあと、フラワーC、そしてオークスへというローテーションに、陣営の勝負度合いの高さを感じます。


フラワーCを勝ったあと、直接オークスに向かってきたカンタービレ

 通常、1月の未勝利戦を勝った場合、もしオークスを目指すなら、自己条件を使ってからトライアル、そして本番というのが、陣営の青写真になると思います。

 しかし、この馬は勝ったあと、じっくりと間隔を開けて、しかもいきなり重賞に挑戦。たぶん、この時点で2着以内に入って賞金を加算できる自信があったのでしょう。そしてその思惑どおり、見事に勝利して、今度は使える桜花賞をパスしてここに挑んできました。

 まるで最初から計算されていたような道筋。早くから、このオークスが目標だったように思えてなりません。

 今回、田辺裕信騎手が初の鞍上を務めますが、どうやら最終追い切りに騎乗するために、栗東まで出向いたようですね。これで、”完全な”テン乗りではなくなりました。

 この行動も、それだけの手応えを感じているからでしょう。これまでの実績からして、それほど人気にはならないと思いますが、意外と侮れない存在だと思いますよ。

大西直宏のオフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆横山ルリカのオークス予想はマジ本気。本命はまさかの「別路線組」だ>>

◆オークスは中波乱だ。5〜6番人気の馬券に「当たり」と書いてある>>