将棋における段位「七段」の正しい読み方は「しちだん」だった?

ざっくり言うと

  • 18日の竜王戦5組ランキング戦準決勝で、藤井聡太七段が誕生した
  • 「七段」は将棋界で「しちだん」と読むことが正しいとされている
  • また、四段は「よだん」、九段は「くだん」と読むとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング